幻獣(げんじゅう)ワイルドホーン/Phantom Beast Wild-Horn》

効果モンスター
星4/地属性/獣戦士族/攻1700/守   0
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、 
その守備力を攻撃力が超えていれば、 
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 遊戯王デュエルモンスターズGX TAG FORCE 付属カードで登場した地属性獣戦士族下級モンスター
 貫通効果永続効果を持つ。

 単体では同属性・同種族である《激昂のミノタウルス》下位互換となるが、幻獣サポートを受けられることから【幻獣】では下級アタッカーとして活躍できる。
 特に《幻獣クロスウィング》が3体墓地にある場合、レベル4にして攻撃力2600の貫通能力持ちと、《E−HERO マリシャス・エッジ》と同等の能力を得られる。
 そこまで望まずとも1体でも墓地に落としていれば攻撃力2000のメリットアタッカーとして扱うことができ、下級モンスターとしては十分な働きができるだろう。
 《炎舞−「天キ」》に対応していることも心強く、序盤から手札に加え上級モンスタークラスの攻撃力を持たせることも難しくない。
 守備力0なので《野性解放》は使えないが、《激昂のミノタウルス》と同様に《幻獣の角》《月の書》との相性が良くあまり問題とはならない。

 【幻獣】ではこのカードを含むアタッカーライフ・アドバンテージを稼ぎ、《幻獣ロックリザード》に繋げることが理想となる。
 アタッカーが活躍できないと次に繋がらないので、確実に戦闘ダメージを与えていきたいところである。

  • 原作・アニメにおいて―
    他の幻獣の例を考えると、アニメGXで万丈目ホワイトサンダーが使用した《白騎士団の(ホワイトナイツ)ランサー》をイメージして作られたと考えられる。
    そちらとは光属性戦士族である点と、攻撃力が1500である点が異なる。
  • アニメ5D'sの「遊星&ジャック&クロウvsレクス・ゴドウィン」戦でクロウが、「ピアスン&ボルガーvsシティの男」戦(回想)でピアスンが使用した罠カード《シャドー・ダンス》のイラストに描かれている。
    また、WRGPにおける出場者の一人が使用。
    この時、ミスなのか攻撃力が700と表示されていた。
    おそらく同じ幻獣である《幻獣サンダーペガス》と混同したのだろう。
    これは後に修正されており、遅れて放送された地方局などでは1700と表示された。

関連カード

貫通効果を持つモンスター貫通を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《幻獣ワイルドホーン》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣戦士族 攻1700 守0 幻獣

広告