幻獣機(げんじゅうき)テザーウルフ/Mecha Phantom Beast Tetherwolf》

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1700/守1200
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
自分フィールドに「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(2):このカードのレベルは自分フィールドの「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
(3):自分フィールドにトークンが存在する限り、このカードは戦闘・効果では破壊されない。
(4):このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時からダメージ計算前までに1度、
自分フィールドのトークン1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで800アップする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した風属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した場合に幻獣機トークンを生成する誘発効果幻獣機共通の永続効果自己強化する誘発即時効果を持つ。

 (1)は、召喚に成功した場合に幻獣機トークンを生成する誘発効果
 即座に(3)の永続効果が適用されるので破壊耐性を得る事ができる。
 タイミング上《奈落の落とし穴》等は防げないが、幻獣機トークンを残す事はできる。
 このカードトークンの2体が揃うため、召喚から《グレートフライ》《クリフォート・ゲニウス》リンク召喚も狙える。

 (4)は、トークンリリースして自己強化する誘発即時効果
 これにより自身の攻撃力は2500まで上昇する。
 下級モンスターとして見れば2500という攻撃力は極めて高く、一時的な強化とはいえ多くの下級デメリットアタッカーすら凌駕する。
 コストとしてトークンを消費するものの、ダメージステップ中に発動する効果なので、(3)の効果により攻撃宣言の直前まで耐性を維持できるのもポイント。

 幻獣機として見ても「召喚に成功した場合」とかなり緩い条件で幻獣機トークンを生み出せるカードである。
 《緊急発進》《弾幕回避》等の専用サポートカードはもちろん、《トークン復活祭》《風霊術−「雅」》等も発動条件を満たしやすい。
 《幻獣機メガラプター》とはサーチ対象として、そしてこのカードはあちらのトークン生成の容易なトリガーとして相性がよい。

 また、トークン生成には召喚以外の条件はないので【幻獣機】以外のデッキでも採用を検討できる。
 例えば、《A・ジェネクス・バードマン》でこのカード戻す事で、レベル6のシンクロ召喚に繋げつつこのカードも再利用できる。
 単純にレベル7のモンスターとしても運用可能であり、ランク7のエクシーズ召喚《無力の証明》等のサポートとしても優秀である。
 特に【マシンナーズ】等、《マシンナーズ・フォートレス》《マシンナーズ・ギアフレーム》を使用するデッキではランク7・4のエクシーズ素材《マシンナーズ・フォートレス》手札コストの役割を使い分ける事ができる。
 変わり所では、フィールドに計レベル10を揃えられることを活かし、《ザ・カリキュレーター》儀式召喚サポートにも使える。

  • カード名の元ネタは、アメリカのテレビドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』に登場した架空の戦闘ヘリコプター「エアーウルフ」と思われる。
    一方、デザインのモチーフは、アメリカ陸軍の戦闘ヘリコプター「AH-64アパッチ」であろう。
    日本の陸上自衛隊も、改良型の「AH-64Dアパッチ・ロングボウ」を保有・運用している。
    戦闘ヘリコプターは攻撃的性格の非常に強い兵器種であり、このカード戦闘に特化した効果も、それを元にしているのだろう。
  • イラストを見たところ、「テザー」とは英語で物を括りつけておく綱等を意味する「Tether」と思われる。
  • 原作・アニメにおいて―
    Dチーム・ゼアルの「遊馬vsアルファー」戦において、アルファーが使用。
    攻撃名は「牙狼光射波(ウルフレーザービーム)」。

関連カード

―「リリースによって自己強化する」効果を持つモンスター《アイルの小剣士》を参照。

―《幻獣機テザーウルフ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)の効果誘発効果、(2)の効果と(3)の効果永続効果、(4)の効果誘発即時効果となります。(13/06/26)


Tag: 《幻獣機テザーウルフ》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 機械族 攻1700 守1200 幻獣 幻獣機

広告