幻獣機(げんじゅうき)ハリアード/Mecha Phantom Beast Harrliard》

効果モンスター
星4/風属性/機械族/攻1800/守 800
1ターンに1度、このカード以外のカードの効果を発動するために
自分フィールド上のモンスターがリリースされた時、
「幻獣機トークン」(機械族・風・星3・攻/守0)1体を特殊召喚する。
このカードのレベルは自分フィールド上の「幻獣機トークン」のレベルの合計分だけ上がる。
自分フィールド上にトークンが存在する限り、
このカードは戦闘及び効果では破壊されない。
また、1ターンに1度、トークン1体をリリースして発動できる。
手札から「幻獣機」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した風属性機械族下級モンスター
 幻獣機共通の永続効果と、モンスターカード効果発動リリースされた時に幻獣機トークン1体を特殊召喚する誘発効果トークン1体をリリースすることで手札幻獣機1体を特殊召喚する起動効果を持つ。

 その条件から幻獣機トークンの生成には《幻獣機メガラプター》同様、他のカードを頼る必要がある。
 しかしあちらがトークンが生成された時に対して、こちらは自身以外の効果発動のためのコストによるリリースが発生した時と少々手間がかかる。
 実質このカードリリース対象となるモンスター、そしてそれをリリースする方法の3つを一度に用意しなければならない。

 そのため、基本的には自身をリリースできるモンスターを併用し、少しでもディスアドバンテージの軽減に務めたい。
 例えば《SRタケトンボーグ》であればリリースしてスピードロイドチューナーリクルートしつつ、幻獣機トークンも生成できる。
 このカード風属性である点でも相性がよく、手札から特殊召喚することで容易に2体を並べることが可能。
 とはいえそのターン風属性しか特殊召喚できなくなるため、シンクロ召喚リンク召喚先が限られてしまう点は気をつけたい。

 後半の効果トークン1体をリリースすることで、手札から幻獣機特殊召喚できるというもの。
 特殊召喚時に幻獣機トークンを生成できる《幻獣機コルトウィング》とは相性が良く、そのまま特殊召喚すればランク10をエクシーズ召喚できる。
 また、あちらの除去効果トークンリリースした場合、自身のトークン生成効果発動でき、あらためてランク7のエクシーズ召喚に繋げられる。

 いずれにせよ幻獣機の中でも特にコンボ重視なカードのため、手札事故率の上昇は避けられない。
 トークン生成は他の幻獣機《空中補給》等に任せ、後半の展開効果をメインに使うことも考えたい。

  • デザインのモチーフは、イギリスが開発した垂直離着陸(VTOL)戦闘攻撃機「ハリアー(Harrier)」だろう。
    冷戦時代、ソ連の攻撃により滑走路が破壊されることを想定し、滑走路なしで離着陸可能な戦闘機として開発された。
    現在ではアメリカが大幅な改良を加えた「ハリアーII」が主流であり、アメリカ海兵隊の強襲揚陸艦のほか、スペインやイタリア等の軽空母の艦載機として配備されている。
  • このモンスターの姿が見られる《垂直着陸》イラストでは、キャノピー部分がタテガミ状に展開しているのが見て取れる。
    このことから、カード名は「リアード(liard)=雄ライオン(lion)と雌ヒョウ(leopard)の交雑種」と「ハリアー」の掛詞だと推測される。
  • 原作バトルシティ編終盤において、アルカトラズからの脱出の際海馬瀬人が使用したのが本機である。

関連カード

―《幻獣機ハリアード》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:幻獣機トークン特殊召喚する効果の分類は何ですか?
A:このカードフィールド上に居る時に「このカード以外のカード効果発動するために自分フィールド上のモンスターリリース」され、その効果解決が終了した時にこのカードフィールド上に存在する場合に発動する誘発効果です。
  例えば《幻獣機メガラプター》の最後の効果発動された場合、《幻獣機メガラプター》効果を解決した後に改めてこのカードチェーンブロックを発生させ発動します。(13/05/15)

Q:《弾幕回避》《緊急発進》など、カードの発動のためにモンスターリリースする魔法・罠カード発動した際、幻獣機トークン特殊召喚する効果発動しますか?
A:発動します。(13/05/26)

Q:1つ目の効果ダメージステップでも発動することができますか?
A:はい、できます。(13/08/09)


Tag: 《幻獣機ハリアード》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 機械族 攻1800 守800 幻獣 幻獣機

広告