幻奏(げんそう)音姫(おとひめ)マイスタリン・シューベルト/Schuberta the Melodious Maestra》

融合・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻2400/守2000
「幻奏」モンスター×2
(1):このカードがフィールドに表側表示で存在する限り1度だけ、
お互いの墓地のカードを合計3枚まで対象として発動できる。
そのカードを除外する。
このカードの攻撃力は、この効果で除外したカードの数×200アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した光属性天使族融合モンスター
 墓地カードを3枚まで除外し、自己強化する誘発即時効果を持つ。

 幻奏2体と緩い融合素材指定なので融合召喚自体は非常に容易である。
 《幻奏の歌姫ソプラノ》効果にも対応しており、《独奏の第1楽章》リクルートしたり、《幻奏の音女ソナタ》《幻奏の音女カノン》特殊召喚すれば、手軽に融合召喚できる。

 墓地カード除外する効果自分相手のどちらのターンでも発動でき、カードの種類も問わない。
 相手墓地対象とする効果チェーンしてその発動を妨害したり、自分墓地モンスター除外して帰還に繋げたりと、用途は広い。

 さらに自己強化攻撃力が最大で3000となるため最上級モンスター戦闘破壊が狙える上、コンバットトリックとしても使えるので相手も迂闊に攻撃できなくなる。
 ただし、この効果が使えるのは基本的に1回限りなので、使いどころの見極めに注意。
 《次元誘爆》《融合解除》とは相性が良く、融合召喚のしやすさもあって特に扱いやすいといえる。
 自身も融合素材と出来ることに着目し、あえて《融合回収》を使用しての連続融合召喚除外効果を使うのも良い。

 また、《トランスターン》を使用して、レベル7の《アテナ》《幻奏の音姫ローリイット・フランソワ》リクルートし、大量展開の起点としても良い。
 《幻奏の歌姫ソプラノ》から容易に融合召喚でき、《トランスターン》【幻奏】において重要となる《幻奏の音女エレジー》《幻奏の音女アリア》《幻奏の歌姫ソプラノ》等のリクルートに利用できるため腐りにくい

 総じて、融合召喚軸の【幻奏】においては、相手の妨害と主力アタッカーを同時にこなす優秀なモンスターと言える。
 逆を言えば相手から真っ先に警戒されるカードなので、このカードだけに依存せず、各種メタカードの対策もしっかりとしておきたい。

  • 「マイスタリン(Meisterin)」とは、女性の巨匠を指すドイツ語である。
    男性の場合は「マイスター(Meister)」と呼ばれる。
    「シューベルト」は、「歌曲の王」とも呼ばれるオーストリアの作曲家「フランツ・ペーター・シューベルト」が由来であると思われる。
  • 融合召喚時の口上は「響け歌声!流れよ旋律!タクトの導きにより力重ねよ!融合召喚!今こそ舞台へ!《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》!」。
    融合召喚の特訓の時は「妙なる調べよ!咲き誇る花とともに、新たなるハーモニーを奏でよ!」となっていた。
  • アニメでは真澄に対抗するための対融合モンスターメタカードであり、以下のテキストだった。
    「幻奏の音女ソナタ」+「幻奏」モンスター 
    (1):1ターンに1度、自分または相手の墓地の
    融合召喚に使用したカード1組を対象として発動できる。
    そのカードを除外する。 
    ターン終了時まで、このカードの攻撃力は
    このカードの効果で除外したカードの数×200アップする。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《幻奏の音姫マイスタリン・シューベルト》 モンスター 星6 光属性 天使族 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 攻2400 守2000 幻奏 幻奏の音姫

広告