幻奏(げんそう)音姫(おとひめ)ローリイット・フランソワ/Shopina the Melodious Maestra》

効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2300/守1700
このカードの効果を発動するターン、
自分は光属性以外のモンスターの効果を発動できない。
(1):1ターンに1度、自分の墓地の
天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した光属性天使族最上級モンスター
 光属性以外のモンスター効果の発動を封じる代わりに、墓地天使族光属性サルベージできる起動効果を持つ。

 ステータスは低いものの、維持さえできれば毎ターン墓地から光属性天使族モンスターサルベージできる。
 基本的には《オネスト》を毎ターン回収して、ステータスの補助を狙うのが良いか。
 【幻奏】における大きなダメージソースとなり、勝ち筋の1つとして扱える。
 《幻奏の音女ソナタ》サルベージしてその効果特殊召喚し、全体強化で補うという手もある。

 《地獄の暴走召喚》《光神化》とのコンボで3体並べれば、3枚のサルベージが行え、ディスアドバンテージも即座に回復できる。
 また、効果使用後に《アテナ》効果墓地へ置いて蘇生させれば1ターンに2度のサルベージが行える。

 効果発動後、《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》効果発動する事で光属性天使族モンスターを実質的に蘇生でき、相性がよい。
 【幻奏】では、幻奏以外のモンスターには耐性を付与できず、幻奏モンスターに比べ相対的な場もちが悪い。
 しかし、光属性天使族モンスターに限れば、このカード《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》の存在から、ある程度の除去耐性を持っていると言える。

  • 「ローリイット(Laureate)」は、英語で「優秀な」「受賞者」を意味する。
    フランソワについては、《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》の存在から音楽家の名前だと思われるが、フランソワという名の著名な音楽家は多数存在するため、特定は難しい。
    最も有名なのは「ピアノの詩人」ことフレデリック・フランソワ・ショパンか。
  • モーツァルトと違い、フランソワは一般的には男性のファーストネームである。
    ただし、ピアニストのサンソン・フランソワのように、姓としても用いる事がある。
  • 英語名を見るに、前述のショパンが採用されていると思われるが、ショパンの綴りは「Chopin」であり、若干異なる。
    一時期「Szopen」という綴りが彼の名の表記として使用された事があるため、これと混ぜていると思われる。
    こちらも《幻奏の音姫プロディジー・モーツァルト》英語名と同様、固有名の最後に「a」がついて女性形のように変わっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《幻奏の音姫ローリイット・フランソワ》 効果モンスター モンスター 星7 光属性 天使族 攻2300 守1700 幻奏の音姫

広告