幻想(げんそう)見習(みなら)魔導師(まどうし)/Apprentice Illusion Magician》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
(1):このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。
(3):このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、
手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

 Vジャンプ(2016年11月号) 付属カードで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 手札を1枚捨てる事で手札から特殊召喚できる召喚ルール効果召喚・特殊召喚に成功した場合に《ブラック・マジシャン》サーチできる誘発効果ダメージ計算時に自身を墓地へ送る事で自分闇属性魔法使い族モンスター強化する誘発即時効果を持つ。

 (1)は自身を手札から特殊召喚する効果
 (2)の効果シナジーしており、特殊召喚成功時に(2)の効果発動すれば、手札損失を相殺できる。
 容易に特殊召喚できるレベルモンスターとして使い、ランク6のエクシーズ召喚等に使うこともできる。
 特に、エクシーズ素材魔法使い族を指定している《マジマジ☆マジシャンギャル》《風紀宮司ノリト》エクシーズ召喚の助けになる。

 (2)は《ブラック・マジシャン》サーチ効果
 (1)の効果は勿論、他の手段で召喚特殊召喚しても発動でき、タイミングを逃すこともない。
 ただし、《ブラック・マジシャン》サーチリクルートの手段が他にも多種多様にあり、アドバンテージ獲得を狙うなら序盤に出して効果を利用したい。
 《マジシャンズ・ナビゲート》など、明確に《ブラック・マジシャン》サーチする意義を持ったカードを使うなら併せて入れても良いか。
 2枚目の《幻想の見習い魔導師》の特殊召喚コストにするのも良い。

 (3)は闇属性魔法使い族モンスターステータスダメージ計算時のみアップさせる効果
 相手に読まれにくい手札誘発でもあり、相手モンスターから攻撃を受ける場合にも発動できるので奇襲性は高い。
 ただし、フィールドの自身が攻撃された際は発動できないのでフィールドから発動する時はなるべく自分ターンに使いたい。

 無理にフィールドに出さずとも、手札からのコンバットトリック専用カードとして運用するだけで、【ブラック・マジシャン】では十分な活躍ができるだろう。
 フィールドに左右されずに特殊召喚できるレベル6である点を活かして他のデッキに投入する場合は、《ブラック・マジシャン》を投入するかは考えておきたい。
 《闇の誘惑》《七星の宝刀》といったカードを投入する場合にはサーチ除外コストに転用できるが、手札事故を招く恐れもある。

  • 原作・アニメにおいて―
    背後に描かれている魔導陣《幻想の黒魔導師》や、《ブラック・マジシャン》と共通のものであることから推察すると、モデルは原作の「王の記憶編」に登場する少女マナの精霊と思われる。
    マハードが精霊となった後に、マナは猛特訓で精霊を操れるようになり、盗賊王バクラとの決戦に駆けつけ、力を貸す。
    この時にマハードに魔力を分け与えており、それが(3)の効果の由来だと思われる。

関連カード

カード名関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《幻想の見習い魔導師》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻2000 守1700

広告