幻魔帝(げんまてい)トリロジーグ》

融合・効果モンスター
星10/闇属性/悪魔族/攻4000/守4000
レベル10モンスター×3
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが特殊召喚に成功した場合、
またはこのカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
このカード以外のモンスターが墓地から自分フィールドに特殊召喚された場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

 PREMIUM PACK 2019で登場した闇属性悪魔族融合モンスター
 自身の特殊召喚、または自分モンスター蘇生された場合に相手モンスター1体の元々の攻撃力の半分の数値分のバーンを与える誘発効果を持つ。

 融合素材レベル10モンスター3体が指定されている。
 だが、フィールド手札モンスター融合素材にするのは如何せん消費が激しく、そもそもフィールドに揃えた場合はエクシーズ召喚の方が効率的。
 墓地融合デッキ融合なら消費を抑えられるが、それらは特定の種族カテゴリに限定されたものがほとんど。
 このカードが対応するのは《死魂融合》《未来融合−フューチャー・フュージョン》しかなく、【列車】【時械神】【ユベル】等のレベル10主体のデッキにそれらを採用するのが最も現実的か。

 なお、効果融合召喚は必須ではなく、エクストラデッキからの特殊召喚にも制約はないので、《デビル・フランケン》などで特殊召喚する手もある。
 もっとも、その方法ならば他に有用な候補はあるのでこのカードが選ばれるかは微妙なところだが。

 効果相手モンスター1体の元々の攻撃力の半分のダメージを与える効果
 トリガーは自身の特殊召喚か、自身以外のモンスター蘇生
 自身の特殊召喚トリガーとする場合、基本的に融合召喚や上述の特殊召喚で使う事になる。
 蘇生制限を満たせば蘇生帰還も自由だが、何度も狙うのは手間なので、もう一方の墓地からの蘇生トリガーとしたい。
 自己再生できる《妖精伝姫−シラユキ》などを使えば相手ターンバーンも狙える。
 (チェーン1に《妖精伝姫−シラユキ》チェーン2にこのカードと組めば、逆順処理でバーンを与えた上で相手モンスター裏側守備表示にできる。)

 ただ、相手モンスター元々の攻撃力の半分と安定しないのがネック。
 自身の攻撃力戦闘ダメージを合わせて狙うか、上述の《死魂融合》を高い攻撃力モンスター特殊召喚に合わせて使うといった工夫が必要になる。
 《壊星壊獣ジズキエル》は相性が良く、厄介な相手モンスター除去した上で高い攻撃力故にバーン対象にもしやすく、このカード融合素材にもできる。

  • 下記の三幻魔がモチーフである事を踏まえると、名前の「トリロジーグ」は小説やオペラにおける三部作を意味する英単語「trilogy」が由来だろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《幻魔帝トリロジーグ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 悪魔族 攻4000 守4000

広告