玄翼竜(げんよくりゅう) ブラック・フェザー/Blackfeather Darkrage Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
1ターンに1度、戦闘またはカードの効果によって
自分がダメージを受けた時に発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚まで墓地へ送る。
この効果で墓地へ送ったカードの中にモンスターカードがあった場合、
このカードの攻撃力は400ポイントアップする。

 PREMIUM PACK 16で登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 1ターンに1度ダメージを受けた時、デッキトップからカードを5枚まで墓地へ送り、墓地へ送ったカードの中にモンスターがあれば自己強化する誘発効果を持つ。

 相手からダメージが来るのを悠長に待つわけにもいかないため、《BF−精鋭のゼピュロス》などで自分からダメージを受ける必要がある。
 《バイス・バーサーカー》シンクロ素材としてシンクロ召喚すれば、即座に効果発動することができる。

 上昇値はわずかだが、それでも1度効果発動すれば3000を超えることが多く、複数回使える可能性が出てくる。
 《BF−精鋭のゼピュロス》《H・C サウザンド・ブレード》《Emトリック・クラウン》といった、効果ダメージを受けつつ自己再生できるモンスターとは相性が良い。
 それらのモンスターを投入しつつ、《ライトロード・アーチャー フェリス》《ライトロード・ビースト ウォルフ》といった自己再生モンスターを絡め、レベル4のチューナーも併用するレベル4軸のデッキならばシンクロ召喚も容易。
 その場合は、ライトロードチューナー《ライトロード・アーチャー フェリス》《ライトロード・アサシン ライデン》などを使いたい。
 特に《BF−弔風のデス》はかなり相性が良く、特にデッキ構成を変えずともシンクロ召喚を狙いやすい。

  • シンクロ召喚時の口上は「漆黒の風を纏い末世から飛翔せよ!!シンクロ召喚!《玄翼竜 ブラックフェザー》!!」
    Vジャンプ15年2月号では「末世から」ではなく「来世から」となっている。
  • 作中時間のおよそ1万年前に、5人の「決闘神官(ディアク・ウム)」の内1人が使用した決闘竜でもある。
    ただ、現在の決闘竜の使い手と過去の決闘神官はいずれもその容姿に共通点が見られるのだが、何故かこのカードの使い手のみ両者の容姿が大きく異なっていた。
    ただしこの決闘神官の姿は漫画版オリジナルキャラであるクロウの弟、ヨシ・ホーガンに類似しており、クロウ自身も髪を下ろすことでヨシと似た特徴的な前髪をしているという設定や本編で使われていないイラストが存在している。
  • Vジャンプ13年12月号付録のデッキブックで行われた漫画5D's&ゼアルのカードOCG化してほしいカードのアンケートでは2位になっていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    TFSPではシナリオ攻略後、「魂のカード」としてクロウから受け取る。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にカードの効果ダメージを受けた時でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/21)

Q:このカード戦闘破壊される際に戦闘ダメージを受ける場合、効果発動できますか?
A:はい、発動でき、デッキカード墓地へ送る処理を行い、攻撃力をアップする処理は行われません。(15/01/08)

Q:デッキカード墓地へ送る効果攻撃力がアップする効果一連の効果処理ですか?
A:はい、この効果誘発効果一連の効果処理になります。(13/12/21)

Q:デッキカード墓地へ送る処理と攻撃力がアップする処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、デッキカード墓地へ送った後に攻撃力がアップし、同時ではありません。(13/12/21)

Q:効果解決時にこのカード裏側表示になった場合でも、デッキカードを5枚墓地へ送る処理を行われますか?
A:はい、行われます。(15/01/08)

Q:このカードは「BF(ブラックフェザー)と名のつくモンスター」として扱いますか?
A:いいえ、扱いません。(13/12/21)


Tag: 《玄翼竜 ブラック・フェザー》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻2800 守1600

広告