現世(げんせ)冥界(めいかい)逆転(ぎゃくてん)/Exchange of the Spirit》

通常罠
「現世と冥界の逆転」はデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):お互いの墓地のカードがそれぞれ15枚以上の場合に1000LPを払って発動できる。
お互いのプレイヤーは、それぞれ自分のデッキと墓地のカードを全て入れ替え、
その後デッキをシャッフルする。

 週刊少年ジャンプ(2002年4・5合併号) 付属カードで登場した通常罠
 お互い墓地カードがそれぞれ15枚以上の場合に、デッキ墓地カードを全て入れ替える効果を持つ。

 デッキ墓地を入れ替えるという他に類を見ない豪快な効果である。
 しかし発動条件が厳しく、高速化した現環境では墓地カードが15枚も溜まることは少ない。
 手札交換等を活用すれば自分墓地カードを溜めることは可能であり、デッキ破壊効果を活用すれば相手墓地カードを溜めることも可能であるが、それら両方を行わなくてはならないというのが厳しい。
 そもそもデッキ墓地を入れ替えても直接的なアドバンテージにならず、やる意味があるのかという疑問が残る。

 活用法として、【終焉のカウントダウン】や、【トランス】のような特にデュエルが長引くデッキにおいて、デッキ切れを回避しカードを再利用する目的で使うことが考えられる。
 どうせなら相手墓地利用にチェーンして不発にしてやるといい。

 それ以外だと、このカード発動チェーンして相手墓地枚数を減らすことで、大幅なデッキ破壊を行う専用デッキを組めるかもしれない。
 《デビル・コメディアン》発動してコイントスを当てれば、相手墓地を0にした上でデッキと入れ替えるため、デッキ切れによる1ターンキルが成立する。
 当然ながら運が絡むため、《セカンド・チャンス》の併用は必須と言える。

 また、融合シンクロエクシーズモンスターデッキではなくエクストラデッキに戻るため、残りデッキ枚数に加算されない。
 墓地融合シンクロエクシーズモンスターしかない状況で発動すれば、相手メインデッキは0枚となり、1ターンキルが成立する。
 もちろん無理に1ターンキルにこだわる必要はなく、相手デッキ枚数が大幅に減った所で《皆既日蝕の書》などでデッキ切れに追い込めば良い。
 下準備には《轟雷帝ザボルグ》を使うと良く、こちらの墓地も増えるので発動条件を満たしやすくなる。

 もっとも、《デビル・コメディアン》《轟雷帝ザボルグ》ともに本来デッキ破壊と無縁なカードである。
 更に前者なら自分墓地を肥やすカード、後者ならアドバンス召喚サポートカードと、さらにデッキ破壊と無縁なカードを積まないといけない。
 ただデッキ破壊をしたいだけならオーソドックスな【デッキ破壊】の方がまだやりやすいだろう。

  • マスターガイドでは「2000年のジャンプに付属」と誤植されている。
  • アニメGXでは「死神と契約せし1ターンキル男」橘一角のデッキに入っていた。
    なお、この時は実在しない第3期以降のカードデザインにて登場した。
    同様に再販されていない《ドローン》は第1期のものだったことから「このカードは最新仕様で再録される予定があるのでは?」と憶測を呼んだ。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCEでは、ブルー生徒の野畑義賢が切り札として使用している。
    しかし、その後の制限改訂禁止カードに指定されたため、2以降は全く違うデッキになっている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果《ダンディライオン》等が墓地へ送られた場合、そのカードの効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/01/01)


Tag: 《現世と冥界の逆転》 通常罠

広告