限界竜(げんかいりゅう)シュヴァルツシルト/Schwarzschild Limit Dragon》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2000/守   0
相手フィールド上に攻撃力2000以上のモンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 攻撃力2000以上の相手モンスターが存在する場合に、手札から特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 攻撃力2000を超えるモンスター相手フィールドにいることは珍しくなく、特殊召喚条件を満たすのは難しくない。
 条件上そのままのステータスでは戦闘での活躍は難しいが、特殊召喚できるレベル8のモンスターとしては召喚条件が緩い。
 デメリットも一切なく自分モンスターにも左右されないため、特殊召喚の条件となるモンスターに対処する手段が既に整っているなら、追撃用のアタッカーとして運用できる場面もあるだろう。
 《禁じられた聖杯》とは特に相性が良く、厄介な効果を持つ《ライオウ》などを無効化しつつ、特殊召喚条件を満たすことが出来る。
 また特殊召喚回数の制限も無いため、条件を満たしていればノーコスト《巨竜の羽ばたき》を使用する事も可能。

 特殊召喚後は主に《神獣王バルバロス》などと併せてランク8のエクシーズ素材にすることになるだろう。
 《悪夢再び》に対応しており、2体まとめてサルベージすれば《No.22 不乱健》《No.46 神影龍ドラッグルーオン》エクシーズ召喚が可能。
 一方でシンクロ素材としては少々デッキを選ぶが、ドラゴン族のため《トライデント・ドラギオン》シンクロ素材になれる。
 このカード《A・ジェネクス・バードマン》ならば召喚権を消費することなく《星態龍》まで繋げることができる。
 エクシーズモンスターは奪えないが、《レアル・ジェネクス・クロキシアン》効果特殊召喚の条件が噛み合いやすいためシンクロ素材の候補に挙がる。

 総合的にレベル8の半上級モンスターとして見た場合扱いやすい部類なので、対象の関係から手札事故になりやすい《トレード・イン》《アドバンスドロー》などを使う際には事故回避のために採用を検討できる。
 ドラゴン族であることから《ドラゴニック・タクティクス》《エクリプス・ワイバーン》を使う際にも候補にあがる。

  • カード名の「シュヴァルツシルト(Schwarzschild)」とはドイツ語で「黒い盾」を意味する言葉だが、このカードの場合は「シュヴァルツシルト半径」に由来すると思われる。
    シュヴァルツシルト半径とは重力半径とも呼ばれ、非常に小さく重い星の引力から光が脱出できる限界の範囲を示す。
    また、シュヴァルツシルト半径よりも小さいサイズに収縮した天体はブラックホールと呼ばれる。
  • イラストでは、無限大の記号を模した姿で描かれている。
    また、自身の尾を銜えようとしている姿は、記号のモチーフとなったウロボロスに因んでいるようである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告