古聖戴(こせいたい)サウラヴィス/Sauravis, the Ancient and Ascended》

儀式・効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2600/守2800
「精霊の祝福」により降臨。
(1):自分フィールドのモンスターを対象とする魔法・罠・モンスターの効果を相手が発動した時、
このカードを手札から捨てて発動できる。
その発動を無効にする。
(2):相手がモンスターを特殊召喚する際に、
フィールドのこのカードを持ち主の手札に戻して発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを除外する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した光属性ドラゴン族儀式モンスター
 自分モンスター対象とする効果無効にする誘発即時効果相手特殊召喚無効にし、除外する誘発即時効果を持つ。

 対応する儀式魔法には《精霊の祝福》の他《オッドアイズ・アドベント》《高等儀式術》が使える。
 《オッドアイズ・アドベント》は癖が強いが、(1)の効果捨てたこのカード儀式召喚できるので相性自体はよい。
 《高等儀式術》の場合、別途通常モンスターが必要になるので、儀式魔人等を併用する場合は《精霊の祝福》を使うことも考えられる。

 (1)の効果手札から捨てることで発動する無効化効果である。
 対象をとる効果全般を無効にでき、対象となったモンスターに制限もないので、《闇の幻影》《八式対魔法多重結界》等よりも対処できる範囲は広い。
 ただし発動無効にするが破壊する訳ではないため、《ダーク・アームド・ドラゴン》等の1ターンに複数回使えるタイプの起動効果を完全に防ぐことはできない。

 (2)は自身を手札戻して発動する特殊召喚無効効果
 性能としては《ライオウ》に近いものがあるが、除外であることやペンデュラム召喚で複数同時に特殊召喚される場合にも対処できる点が異なる。
 手札に戻るので再度儀式召喚を狙わず、あえて手札に保持しておくとことで(1)の効果が牽制となり大いに役に立つ。
 ただ、特殊召喚封じしたいだけなら、《儀式魔人リリーサー》を使った儀式召喚で対応したほうが早いだろう。
 相手儀式召喚したこのモンスター墓地に送られると(1)の効果に繋げられないため、この効果はむしろオマケに近い。

 《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》によるサーチに対応している。
 同じ儀式モンスターであり、それぞれ効果がかみ合っている為、《竜姫神サフィラ》トリガーにできる。
 《虹光の宣告者》を採用するデッキに(1)の効果のみを目的としたサーチ先として採用するのも手である。

  • 古聖とは昔の聖人の事を差し、戴は「頭上にいただく」から転じて「(目上の者を)敬い仕える」という意味を持つため、古聖戴という称号の意味は「古き聖人に仕える者」だと思われる。
    ステータス効果が共に防御的であり、自身を犠牲《竜姫神サフィラ》効果トリガーになる事などから、「竜達の女王」たる《竜姫神サフィラ》に仕える従者なのかもしれない。
    イラストでは、光そのものを身に纏った《竜姫神サフィラ》に対し、こちらは頭上から眩い光が差し込んでおり、より上に立つ者の存在を仄めかしている。
    名前の方のサウラヴィスは、「サウロス」+「アヴィ」であると思われる。
    「サウロス(sauros)」とはギリシャ語で「蜥蜴」という意味で、これをラテン語読みした「サウルス」は恐竜等の絶滅爬虫類の学名として用いられている。
    「アヴィ(avis)」はフランス語で「警告」という意味で、このカードの(2)の効果がそれを意識したものとなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《古聖戴サウラヴィス》 モンスター 儀式モンスター 効果モンスター 星7 光属性 ドラゴン族 攻2600 守2800

広告