古代の機械射出機(アンティーク・ギアカタパルト)/Ancient Gear Catapult》

通常魔法
「古代の機械射出機」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、自分フィールドに「古代の歯車トークン」(機械族・地・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキR−機械竜叛乱−で登場した通常魔法
 自分フィールド表側表示カード破壊してアンティーク・ギア召喚条件を無視してリクルートする効果墓地から除外して古代の歯車トークン特殊召喚する効果を持つ。

 (1)の効果自分表側表示カードを1枚破壊することで、アンティーク・ギアモンスターリクルートする効果
 召喚条件を無視できるので、《古代の機械巨人》《古代の機械獣》リクルートも可能。
 《古代の機械飛竜》特殊召喚すれば、ディスアドバンテージを軽減しつつ、サーチした《古代の機械熱核竜》《古代の機械合成竜》アドバンス召喚へ繋げられる。

 ただし、自分フィールドモンスターがいないという発動条件が少々厄介で、永続カード破壊対象を用意しておく必要がある。
 アンティーク・ギア関連では《古代の機械要塞》《歯車街》と相性が良く、レベルが同じアンティーク・ギアを並べればエクシーズ召喚にも繋げられる。
 変わった所では《ディメンション・ゲート》《異次元海溝》モンスター除外して発動条件を満たせば、破壊することで即座に帰還させられる。

 (2)の効果自分フィールドカード1枚を破壊し、古代の歯車トークンを生成する効果
 古代の歯車トークンステータスは心もとなく、破壊された時に効果を発揮するカードとのコンボを狙いたい。
 アンティーク・ギアに属しているため、リリースして《古代の機械熱核竜》《古代の機械合成竜》アドバンス召喚すれば追加効果が得られ、《古代の機械究極巨人》融合素材にもできる。
 (1)の効果と異なり、モンスターが存在する時でも使えるので、モンスター破壊コンボを狙うことも可能。

 しかし、同名カード全体で1ターンに(1)(2)の効果のいずれか1つしか使用できないのは決して小さくはない欠点である。
 手札でダブついた場合に加え、既に自分フィールドモンスターが存在している場合は持て余しがちになってしまう。
 そのため《激流葬》等で発動条件を満たしやすくする工夫も加えておきたい。

関連カード

―イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《古代の機械射出機》 魔法 通常魔法 アンティーク・ギア

広告