古代の機械熱核竜(アンティーク・ギア・リアクター・ドラゴン)/Ancient Gear Reactor Dragon》

効果モンスター
星9/地属性/機械族/攻3000/守3000
(1):「アンティーク・ギア」モンスターをリリースしてアドバンス召喚した
このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(2):「ガジェット」モンスターをリリースしてアドバンス召喚した
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(3):このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時までモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。
(4):このカードが攻撃したダメージステップ終了時に発動できる。
フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで破壊する。

 ストラクチャーデッキR−機械竜叛乱−で登場した地属性機械族最上級モンスター
 特定のモンスターリリースしてアドバンス召喚した場合に得られる貫通ダメージを与える永続効果2回攻撃できる永続効果攻撃時に相手魔法・罠カード発動及びモンスター効果の発動を封印する永続効果、自身が攻撃したダメージステップ終了時魔法・罠カード破壊できる誘発効果を持つ。

 (1)及び(2)の効果は、それぞれアンティーク・ギアガジェットリリースしてアドバンス召喚した場合に対応する能力を得る効果
 アンティーク・ギアなら貫通ガジェットなら2回攻撃効果を得られる。
 《古代の歯車機械》なら、《歯車街》リリースを軽減した上で両方の効果を得る事ができる。

 (3)はアンティーク・ギアの多くが持つ攻撃時の発動制限。
 従来のものと比較して、モンスター効果も封じるようになっているのが特徴で、セットされたモンスター手札誘発効果を恐れずに攻撃できる。
 ただし、例によって攻撃するまでは一切耐性がないので、そこに至るまでに妨害を受けないよう気をつけたい。

 (4)は攻撃後に魔法・罠カード1枚を破壊する効果
 (3)の発動制限と噛み合っており、安全にカード除去できる。
 自分カード破壊できるので、《歯車街》破壊して後続を特殊召喚するのもいいだろう。
 同名カード特殊召喚して追撃を行い、メインフェイズ2で《幻子力空母エンタープラズニル》に繋げれば無駄も少ない。

 《歯車街》での特殊召喚に対応し、ステータス効果のいずれも《古代の機械巨竜》を凌駕しているので、《歯車街》特殊召喚する際はあちらに代わる筆頭候補となる。
 ただしこちらはエクシーズ召喚が難しく対応するサポートカードも乏しいレベル9であるため、《トレード・イン》採用型など、デッキによってはあちらを優先する事も考えられる。

  • ユーリの融合召喚時の口上では「深遠に輝ける竜」と称されている。
  • 攻撃モーションは口からの光線と尾で突き刺す2パターンが存在した。
  • ただし、公式サイトの「超熱血!デュエル塾」では素良はこのカードも切り札として扱っている。

関連カード

戦闘時に相手効果発動を封じる効果を持つカード《ジェムナイト・マディラ》を参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《スキルドレイン》フィールドに存在している時に《古代の歯車機械》リリースしてこのカードアドバンス召喚した後に、《スキルドレイン》フィールドを離れた場合、(1)と(2)の効果適用されるようになりますか?
A:はい、その場合でも《スキルドレイン》効果適用されなくなれば、(1)と(2)の効果適用された状態になります。(16/09/29)


Tag: 《古代の機械熱核竜》 モンスター 効果モンスター 星9 地属性 機械族 攻3000 守3000 アンティーク・ギア リアクター

広告