古代の機械猟犬(アンティーク・ギアハウンドドッグ)/Ancient Gear Hunting Hound》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
相手に600ダメージを与える。
(2):このカードが攻撃する場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。
(3):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「アンティーク・ギア」融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した地属性機械族下級モンスター
 召喚に成功した場合に600ダメージを与える誘発効果攻撃時に相手魔法・罠カード発動を封じる永続効果アンティーク・ギア融合召喚する起動効果を持つ。

 (1)の効果召喚に成功した時に発生するバーン効果
 さほど高くないが、終盤には引導火力にもなりうる。
 ちなみに《デストラクト・ポーション》等を使った《古代の機械究極巨人》《古代の機械巨人》連続攻撃とこの効果ダメージを合わせると丁度初期ライフポイント8000を削れる。
 ただし強制効果なので、融合召喚するために出したのに《幽鬼うさぎ》等を喰らってしまう可能性もある点には注意したい。
 (2)以降の効果を守るためにも《古代の機械要塞》発動してからこのモンスター召喚するという手もある。

 (2)の効果アンティーク・ギアの多くが持つ、攻撃時に相手魔法・罠カード発動を封じる効果
 しかしこのカードステータスが低いため、おまけ程度と割り切っていいだろう。
 ただし《月鏡の盾》を装備すれば、攻撃反応罠等を潜り抜けながら展開を阻害するモンスターを処理する事ができる。

 (3)は《融合》を使わずにアンティーク・ギア融合モンスター融合召喚する効果
 このカード自身もアンティーク・ギア融合素材になれるので、融合召喚に必要な手札の枚数を1枚減らすことができる。
 《古代の機械射出機》《歯車街》など、このカードリクルートできるカードは多いのでフィールドにも出しやすい。

  • アニメでは、このカード融合素材に指定する融合モンスター古代の機械双頭猟犬(アンティーク・ギア・ダブルバイト・ハウンドドッグ)》・《古代の機械参頭猟犬(アンティーク・ギア・トリプルバイト・ハウンドドッグ)》・《古代の機械混沌巨人》が登場している。
    これらの融合召喚時の口上では、このカードは「古の魂受け継がれし、機械仕掛けの猟犬」と呼ばれている。
  • オベリスク・フォースは3人1組で行動し、このカードをはじめ味方のアンティーク・ギアを利用する事で展開を行う事を得意としている。
    「ランサーズ候補7人vsオベリスク・フォース3人組」戦を見る限り、(3)の効果の条件は味方のフィールドモンスターでも満たせるようで、2人目からは最初の一人のモンスターを利用している。
    またこのカードに対する愛着もあるようであり、89話ではこのモンスターの顎を撫でるシーンがあった。
    悪役側のデュエリストでこういった演出があるのは珍しい。
  • オベリスク・フォースのデュエルでは最初の手札の中にこのカードが来ており、召喚あるいは融合素材にしていることが多い。
    ほぼ高確率に起こる為、公式ホームページの「超熱血デュエル塾 講義60」でその点にツッコミを入れられている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《古代の機械猟犬》 モンスター 効果モンスター 星3 地属性 機械族 攻1000 守1000 アンティーク・ギア

広告