古代の機械弩士(アンティーク・ギア・バリスティックシューター)

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/機械族/攻1500
【リンクマーカー:右/左下】
機械族・地属性モンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「アンティーク・ギア」モンスター1体または「歯車街」1枚を手札に加える。
(2):自分フィールドの魔法・罠カード1枚と、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のカードを破壊し、その相手モンスターの攻撃力・守備力をターン終了時まで0にする。

 LINK VRAINS PACK 3で登場した地属性機械族リンクモンスター
 アンティーク・ギアモンスターまたは《歯車街》サーチする誘発効果自分魔法・罠カード破壊して相手モンスター攻撃力守備力を0にする起動効果を持つ。

 (1)はリンク召喚に成功した場合のサーチ効果
 《歯車街》はスムーズに下記の(2)のコンボに繋がるので、基本的には優先してサーチしたい。
 召喚権が残っているのならばアンティーク・ギアモンスターサーチして召喚に繋げても良いだろう。
 《緊急ダイヤ》召喚権を温存してリンク素材を揃えられるので相性が良い。
 何らかの効果召喚権を増やす、特殊召喚を行う、融合素材として活用するなどの工夫で活用するのも手。
 《古代の機械箱》サーチすればあちらの効果で更に手札が増えるので、手札融合がやりやすくなる。

 (2)は自分魔法・罠カード破壊相手モンスター弱体化
 なるべくならば破壊された墓地へ送られた)場合や墓地発動する効果を持つ魔法・罠カード破壊したい。
 (1)でサーチした《歯車街》破壊すればあちらの特殊召喚効果にも繋がるので無駄がない。
 アンティーク・ギア関連の魔法・罠カードにはそれ以外にも破壊された時の効果を持つカードは複数存在するので選択肢は豊富と言える。

 機械族地属性中心のデッキ《歯車街》と、リクルート先の《古代の機械熱核竜》と共に出張採用してみるのも良い。
 特に【列車】は、セット状態で破壊された場合の効果を持つ《緊急ダイヤ》《臨時ダイヤ》を採用しやすいため(1)を無視して投入が検討できる。
 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》から《超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ》に繋げて攻撃力0にしたモンスター攻撃すれば1ターンキルになる点でも好相性。

 他にも【カラクリ】【ギアギア】【超重武者】【無限起動】地属性機械族が主力であり、容易にこのカードを組み込める。
 【ブンボーグ】では(1)の効果《古代の機械箱》を経由することですべてのブンボーグサーチでき、(2)の効果《ブンボーグ005》《ブンボーグ006》トリガーとして展開しつつ弱体化させることで高攻撃力を叩き込むことが容易になる。

 《無限起動ロックアンカー》同名カードを出せないものの、自身も特殊召喚の指定も地属性機械族なので扱いやすい。
 地属性でなくとも【ABC】のようなレベル機械族が中心のデッキならば、《ゴールド・ガジェット》などを召喚して《ギアギガント X》エクシーズ召喚し、《ワンショット・ブースター》サーチする事でリンク召喚できる。
 《クラスター・ペンデュラム》召喚し、その効果で生成されるトークンと共にリンク素材にしやすい。

関連カード

収録パック等


Tag: 《古代の機械弩士》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 機械族 攻1500 アンティーク・ギア

広告