姑息(こそく)()とし(あな)/Double Trap Hole》

通常罠
(1):相手がモンスターを守備表示で特殊召喚した時に発動できる。
その守備表示モンスターを除外する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した通常罠
 落とし穴の一種であり、守備表示特殊召喚したモンスター除外する効果を持つ。

 ノーコスト1:1交換が可能であり、相手が複数体を特殊召喚した場合にはそれら全てを破壊を伴わずに除外できる可能性がある。
 しかし、守備表示特殊召喚した場合という発動条件が厳しい。
 除去を行いたい相手の大型モンスターは基本的に攻撃表示で出されるものであり、あえて守備表示特殊召喚する軸を持つ戦術は少ないためである。

 発動の狙い目としては、《ジャンク・シンクロン》等の守備表示蘇生させる効果
 相手の展開を防ぎ、そのモンスター除外する事で後の同様の効果による再利用も防げる。
 他には、シンクロチューナー《簡易融合》によるモンスターのように、すぐ素材にする前提で「とりあえず守備表示特殊召喚」をされ易いモンスター
 超重武者の一部や《ガガガガンマン》など、守備表示特殊召喚される事に意味があるエクシーズモンスターなどにも強い。

 とはいえ、相手がそういったカードを採用していなければ意味はなく、《奈落の落とし穴》《激流葬》の方がより多くの状況に対処できる。
 あえてこのカードを採用する場合、落とし穴である事を活かしたいところだが、同カテゴリにおいても《時空の落とし穴》等のライバルは多い。
 守備表示での特殊召喚を行う効果を多用する相手に対するメタとしての、サイドデッキ向けカードとして採用するのが良いだろう。

  • 「姑息」とは、元々は「一時の間に合わせ・その場しのぎ」という意味の言葉である。
    現在では「卑怯・ケチ」といった意味で使われることが多いが、これは本来誤用である。
    ただ、実に国民の7割が「卑怯」という意味で認識しているという調査まで存在しており、既に「誤用」というよりは「言葉の意味が変化している」という状況に近い。
    アニメ遊戯王シリーズでは、海馬瀬人やエド、ドルベが「卑怯」、万丈目準、ジャックは「その場しのぎ」という意味で使用している。
    また、神楽坂のようにどちらの意味で使っているのかわからない物もある。
  • 英語名ではそのイラストから「Double/二重」が使用されており、姑息という意味は失われている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時守備表示特殊召喚を行ったモンスター攻撃表示になった場合、そのモンスター除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/11/15)

Q:攻撃表示守備表示モンスターが同時に特殊召喚された時に発動できますか?
A:はい、発動でき、守備表示モンスター除外されます。(14/11/15)

Q:攻撃表示守備表示モンスターが同時に特殊召喚された時にこのカード発動し、効果解決時特殊召喚された攻撃表示モンスター守備表示になった場合、そのモンスター除外されますか?
A:いいえ、除外されません。(14/11/15)


Tag: 《姑息な落とし穴》 通常罠 落とし穴

広告