(みずうみ)乙女(おとめ)ヴィヴィアン/Lady of the Lake》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/水族/攻 200/守1800
このカードをS素材とする場合、戦士族モンスターのS召喚にしか使用できず、
S召喚に使用されたこのカードは除外される。
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「聖騎士」通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
自分フィールドのレベル5の「聖騎士」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ下げ、このカードを墓地から特殊召喚する。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した光属性水族下級モンスターチューナー
 戦士族以外のシンクロ召喚に使用できず、シンクロ素材とした場合に自身を除外する効果外テキスト召喚に成功した時に通常モンスター聖騎士蘇生する誘発効果フィールド上のレベル聖騎士1体のレベルを1つ下げることで自己再生する起動効果を持つ。

 《ジャンク・シンクロン》等と同様、召喚に成功した時に他のモンスター蘇生させることで即座にシンクロ召喚が可能。
 しかし、肝心の蘇生対象が現時点では《聖騎士アルトリウス》のみであり、対象の狭さは否めない。
 また、レベル5の聖騎士に限定した《レベル・スティーラー》と言える自己再生効果も持ちあわせており、こちらからもシンクロ召喚に繋げられる。

 どちらの効果を使用した場合もこのカードレベル聖騎士が並ぶため、そのままレベル5のシンクロ召喚に繋げられる。
 しかし、戦士族以外のシンクロ召喚に使用できない制限があり、【聖騎士】での相性も考慮すると、実質的な選択肢は《魔聖騎士皇ランスロット》のみと考えた方がいい。
 また、シンクロ素材とした場合に除外されるデメリットから、《王宮の鉄壁》等を用いない限り再利用は難しい。
 《不死武士》《一族の結束》を阻害しないメリットとも取れるが、【聖騎士】エクストラデッキも含めると種族を統一しないことの方が多いので、やはり繰り返しの利用ができないデメリットの方が大きい。

 聖騎士レベル4・5しか存在しないため、このカードとでは通常はレベル5・6の戦士族シンクロモンスターしかシンクロ召喚できない。
 しかし、《魔聖騎士皇ランスロット》は強力な効果を持つため、1枚でシンクロ召喚可能となるこのカード【聖騎士】に採用する価値は十分にある。
 とは言え、このカード特殊召喚効果はどちらも癖が強く、聖騎士のサポートも受けられないためあまり依存はできない。
 《魔聖騎士皇ランスロット》チューナー縛りはないので、特化するなら《アンノウン・シンクロン》等の扱いやすいチューナーも併用したい。

  • モチーフはアーサー王伝説に登場する「湖の乙女(Lady of the Lake)」だろう。
    水の妖精または湖の中に立つ城で暮らす魔法使いとされ、アーサー王エクスカリバーを授ける、ランスロットを母親から奪い養育する等といった形で物語に関わっている。
    彼女の名前はヴィヴィアンと呼ばれる事も多いが、トマス・マロリーの『アーサー王の死』においてはニミューと呼ばれている。
  • 人間の容姿をしていながら水族となっているのは、湖の乙女が水の妖精とされているためだろう。

関連カード

イラスト関連

―《湖の乙女ヴィヴィアン》の姿が見られるカード

聖騎士と名のついたレベルモンスター

―自身の効果レベルの変更が可能な聖騎士と名のついたモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(2)の効果解決時対象モンスターフィールド表側表示で存在しなくなった場合、このカード墓地から特殊召喚する処理は行われますか?
A:いいえ、行われません。(14/09/13)

Q:(2)の効果解決時にこのカード墓地に存在しなくなった場合、対象モンスターレベルを下げる処理は行われますか?
A:はい、行われます。(14/09/13)

Q:(2)の効果解決時対象モンスターレベルが他の効果で5以外になった場合でも、レベルを下げる処理と特殊召喚する処理は行われますか?
A:はい、行われます。(14/09/13)


Tag: 《湖の乙女ヴィヴィアン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 光属性 水族 攻200 守1800

広告