交響魔人(こうきょうまじん)マエストローク/Maestroke the Symphony Djinn》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/悪魔族/攻1800/守2300
レベル4モンスター×2
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
相手フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを裏側守備表示にする。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「魔人」と名のついたエクシーズモンスターが破壊される場合、
代わりにそのモンスターのエクシーズ素材を1つ取り除く事ができる。

 スターターデッキ(2012)で登場した闇属性悪魔族エクシーズモンスター
 魔人の1体であり、相手モンスター裏側守備表示にする起動効果自分フィールド上の魔人破壊される場合エクシーズ素材を身代わりにできる永続効果を持つ。

 表示形式変更効果戦闘において役に立ち、自分モンスター攻撃補助はもちろん、守備力1800未満のモンスターなら自身で戦闘破壊することが可能。
 しかし、同じ用途としては《鳥銃士カステル》が存在し、あちらは守備力2000未満のモンスターまで戦闘破壊できる上、自分モンスターも選択可能である。
 おまけにあちらは、強力なデッキバウンス効果も合わせ持ち、汎用性では完全にあちらに劣っている。

 一応、こちらは《奈落の落とし穴》を使われても効果発動できるが、その点も発動自体を回避でき、高打点&にもなる《No.52 ダイヤモンド・クラブ・キング》が存在している。
 耐性持ちとしてもより高攻撃力で強力な除去《No.101 S・H・Ark Knight》が存在している。
 効果自体は優秀だが、他のランク4で十分な場合が多くなってしまい、このカードならではの活躍ができる場面が激減してしまっている。
 このカード自身や《No.101 S・H・Ark Knight》などの影響で、《強制脱出装置》《次元幽閉》などの破壊以外の除去が増えているのも逆境と言える。
 これらよりも優先して採用するならば、カテゴリ種族属性と言ったものを意識していく必要があるだろう。

  • カード名は「マエストロ」と「ストローク」を組み合わせた造語だと思われる。
    「マエストロ(Maestro)」とは、イタリア・スペイン語において芸術家や専門家、教師などに用いられる敬称を示す男性名詞。
    英語の「マスター」、ドイツ語の「マイスター」にあたる言葉だが、特に作曲家や指揮者など、音楽関係の中でも巨匠と呼ばれる人々に用いられる事が多い。
    対して「ストローク(Stroke)」は、「一振り」や「一突き」を意味する英単語である。

関連カード

―《交響魔人マエストローク》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:裏側守備表示にする効果解決時対象に選択したモンスターが、他のカードの効果表側守備表示になり表側攻撃表示でなくなった場合、そのモンスター裏側守備表示する効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(12/03/17)

Q:このカード表側表示で存在する時に裏側表示エクシーズ素材を持つ魔人と名のついたエクシーズモンスター《シールドクラッシュ》などの効果裏側表示のまま破壊される際にこのカード効果適用できますか?
A:いいえ、適用できません。(12/03/17)

Q:このカード破壊される代わりにエクシーズ素材を身代わりにできる永続効果に対してチェーンブロックが発生しますか?
A:いいえ、チェーンブロックは作られません。(13/03/06)

広告