(ひかり)追放者(ついほうしゃ)/Banisher of the Light》

効果モンスター
星3/光属性/天使族/攻 100/守2000
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
墓地へ送られるカードは墓地へは行かずゲームから除外される。

 Pharaoh's Servant −ファラオのしもべ−で登場した光属性天使族下級モンスター
 墓地へ送るカード除外する永続効果を持つ。

 《マクロコスモス》内蔵するモンスターである。
 この効果の主な影響と相性の良いカードについては、同一の効果を持つ《マクロコスモス》を参照。

 同様の効果を持つ《閃光の追放者》と比較すると攻撃力が低く、独力でリクルーター等を倒し除外する事ができない。
 こちらは守備力2000のため、《ライオウ》などの下級モンスターなどには倒されず、効果の関係上展開から上級モンスター等を出される可能性も比較的少ない。
 《コーリング・ノヴァ》なら2体目以降との相性は悪いが表側守備表示リクルート可能。
 不要になった場合はランク3のエクシーズ素材として処理してしまうと良いか。
 属性種族は同じのため、サポートカードを共有できる【エンジェル・パーミッション】などのデッキであれば両方の採用も考えられる。

  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは通常モンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    テキストは「邪悪なものを追放する使命を受けた光の番人」。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上にこのカードとその他のモンスターが存在する時に、相手《ライトニング・ボルテックス》発動しました。
  自分フィールド上の表側表示モンスター除外されますか?
  それとも墓地へ送られますか?
A:破壊された時点で効果適用されなくなるため、同時に破壊されるモンスター《ライトニング・ボルテックス》墓地へ送られます。
  なお、《ライトニング・ボルテックス》手札コストはこのカードがまだフィールドに存在する時に捨てるので、除外されます。


Tag: 《光の追放者》 効果モンスター モンスター 星3 光属性 天使族 攻100 守2000

広告