(ひかり)霊堂(れいどう)/Mausoleum of White》

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに光属性・レベル1チューナー1体を召喚できる。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
手札・デッキから通常モンスター1体を墓地へ送る。
対象のモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、
墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。
(3):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「滅びの爆裂疾風弾」1枚を手札に加える。

 シャイニング・ビクトリーズで登場したフィールド魔法
 レベル1の光属性チューナーを追加召喚できる効果手札デッキから通常モンスター墓地へ送ってそのレベルに比例した強化を行う効果墓地から除外して《滅びの爆裂疾風弾》1枚をサーチする効果を持つ。

 (1)の効果レベル1・光属性チューナーを追加召喚する効果
 限定的とは言え、1度しか行えない通常召喚を水増しでき、シンクロ召喚ランク1のエクシーズ召喚が容易になる。

 (2)の効果は、通常モンスター墓地へ送って単体強化する効果
 強化値はレベルモンスター墓地へ送った場合の800が最高値であり、フリーチェーンでもないため、戦闘補助としてはさほど優秀ではない。
 むしろ墓地を肥やす事ができる点が重要で、豊富な通常モンスター蘇生サルベージカードなどを絡めることで様々な展開が狙える。

 【青眼の白龍】においては(1)〜(3)のいずれの効果も活かしやすい。
 (1)の効果でいずれも光属性レベルチューナーである《伝説の白石》《太古の白石》および青き眼を展開できる。
 召喚成功時に効果発動する《青き眼の賢士》《青き眼の護人》の補助にもなる。
 (2)の効果《青き眼の乙女》《青き眼の巫女》効果トリガーとなる。
 (3)は《滅びの爆裂疾風弾》サーチする効果だが、これについてはオマケ程度に考えておけば良いだろう。
 【青眼の白龍】に自然に採用できるフィールド魔法なので、《Sin 青眼の白龍》も組み合わせやすくなる。

 (3)の効果以外はカード名を指定しないため、光属性レベルチューナー通常モンスターを扱うデッキであれば、【青眼の白龍】以外でも活用できる。
 特に【エーリアン】との相性が良く、(2)の効果《エーリアン・ソルジャー》墓地に送り、(1)の効果《エーリアンモナイト》召喚する事で、《宇宙砦ゴルガー》シンクロ召喚できる。
 《青き眼の賢士》《キングレムリン》を通常の召喚権を活用して出しておけば、《エーリアンモナイト》サーチと(2)の効果対象の確保を両立できる。
 他にも《エーリアンモナイト》蘇生した《エーリアン・ヒュプノ》再度召喚するための召喚権を確保するためにも使える。
 このカード自身も《宇宙砦ゴルガー》バウンスでき、Aカウンターを稼ぐために利用できる。

関連カード

イラスト関連

通常召喚できる光属性・レベル1のチューナー

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:対象モンスター効果解決時フィールド表側表示で存在しない場合、通常モンスター墓地へ送る処理は行いますか?
A:はい、行います。(16/01/09)


Tag: 《光の霊堂》 魔法 フィールド魔法

広告