光神化(こうしんか)/Celestial Transformation》

速攻魔法
(1):手札から天使族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの攻撃力は半分になり、エンドフェイズに破壊される。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した速攻魔法
 手札天使族モンスター特殊召喚する効果を持つ。

 天使族モンスターであればレベル属性も問わず特殊召喚することができる。
 しかし攻撃力が半減するためアタッカーにできず、手札からしか出せない上1ターン自壊するためディスアドバンテージが大きい。
 召喚したモンスターの用途に制限は無いので、そのターン中にシンクロエクシーズリンク召喚リリース要員などに使って他のモンスターへ繋ぎたいところ。
 以下の様な天使族モンスターが利用できるだろう。

  1. 《シャインエンジェル》《コーリング・ノヴァ》特殊召喚自爆特攻させてモンスターリクルートできる。
    《天空の聖域》があれば戦闘ダメージも受けずに済む。
    攻撃力が700になり戦闘破壊されやすくなるのは《二重召喚》にはないメリット
  2. 相手ターン《光の追放者》《閃光の追放者》特殊召喚することで、ライトロードなどモンスター墓地へ送ることでアドバンテージを得るデッキを封じる。
    《光の追放者》守備力の高さからにできる。
    墓地へ送る」「墓地捨てるコストを持つカードの発動を封じることもできるが、相手カードの発動宣言する前に特殊召喚する必要がある。
  3. 《ゾルガ》《ジェルエンデュオ》特殊召喚してリリースする。
  4. 《アイツ》《コイツ》《ソイツ》《ドイツ》をサポートする。
    特に《前線基地》召喚できない《コイツ》にとっては重要な召喚補助となる。
    《ドイツ》狙いであれば、4枚目以降の《前線基地》として使える。
  5. 《聖なるあかり》《閃光の結界像》《大天使クリスティア》相手特殊召喚効果を持つカード発動チェーンする形で特殊召喚し、相手の特殊召喚無効化・制限する。
    《大天使クリスティア》はあらゆる特殊召喚を封じるが、自壊するとデッキトップに戻り、ドローロックしてしまうので注意が必要。
  6. 《堕天使アスモディウス》特殊召喚すれば、エンドフェイズに2体のトークンを生み出せる。
    守備表示特殊召喚にするなど、相手ターン発動すれば無駄が少ない。
  7. 特殊召喚したモンスター《アテナ》墓地へ送り、完全蘇生する。
    《アテナ》に加えて最上級モンスター特殊召喚できれば多大なアドバンテージを得られる。
  8. 《幻奏の音女エレジー》特殊召喚すれば、このカード効果破壊されない
    既に《幻奏の音女エレジー》が存在する状態で他の幻奏特殊召喚した場合も同様である。
  9. 妥協召喚の条件の都合上複数体並べにくい時械神の展開サポートに使う。
    破壊耐性持ちかつ攻守0なのでデメリットも関係なく、《時械神メタイオン》《時械神ザフィオン》効果を通せれば十分元は取れる。
    《時械神ミチオン》を2体並べて両方の効果発動し、《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚すれば1ターンキルも可能。

 特殊召喚に成功した時点で攻撃力が半減する点はメリットでもあり、ほぼ全ての天使族《地獄の暴走召喚》対象範囲にすることが可能である。
 これにより同じ天使族モンスターを3体まで特殊召喚する事が可能であり、以下の様なコンボが可能である。

  1. 《天空の聖域》があり《裁きの代行者 サターン》を《光神化》〜《地獄の暴走召喚》をすれば、一撃必殺のダメージを与えうる。
  2. 《天空騎士パーシアス》を3体特殊召喚し、全ての攻撃が通れば、3枚ドローできる。
  3. 《光天使セプター》特殊召喚し、暴走召喚した2体の効果で2枚サーチ、そのまま3体でエクシーズ召喚してフィールドカードを3枚破壊しながら3枚ドロー
  4. 《アテナ》を3体並べた後、もう一体の天使族フィールドに出し、それぞれの《アテナ》効果によって墓地フィールドの間を回す事で、7800という凄まじいバーンダメージを叩き出せる。
    ちなみに召喚する天使族《フェアリー・アーチャー》なら1ターンキルも可能。
    《トリックスター・マンジュシカ》でも返しのターン通常のドローをした瞬間焼ききれる。

 なお、エンドフェイズにこのカードの効果特殊召喚したモンスター表側表示で存在しない場合、そのモンスター破壊しない。
 特殊召喚したモンスター《月の書》《ワーム・ホール》の対象に選択すれば、破壊は回避できる。

 速攻魔法であるため、自分ターン中ならば手札からも発動が可能。
 《天空騎士パーシアス》等の効果によってバトルフェイズ中に手札天使族モンスターが増えた場合、このカードでさらなる追撃を行える。
 攻撃力は半減しているものの、その攻撃で止めをさせる事もあるだろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「ドロワvsトロン」戦において、トロンの手札にあるのが確認できる。
    しかしトロンの使った紋章獣天使族は存在していない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:《絶対魔法禁止区域》適用中に通常モンスター特殊召喚した場合、自壊を免れることはできますか?
A:いいえ、できません。(14/04/16)

Q:《一族の結束》効果があらかじめ適用されている場合、このカード特殊召喚されたモンスター攻撃力は800アップしますか?
A:《一族の結束》効果でアップします。(14/09/12)

Q:この効果によって特殊召喚されたモンスター《月の書》裏側守備表示になった場合はエンドフェイズ破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(08/10/26)
  次のターン以降に表側表示になった場合でも、そのターンエンドフェイズ破壊されません。(10/05/28)


Tag: 《光神化》 魔法 速攻魔法

広告