甲虫装機(インゼクター) ギガグリオル/Inzektor Giga-Cricket》

効果モンスター
星5/闇属性/昆虫族/攻2000/守1300
自分の墓地の昆虫族モンスター1体をゲームから除外する事で、
墓地のこのカードを装備カード扱いとして
自分フィールド上の「甲虫装機」と名のついたモンスター1体に装備する。
「甲虫装機 ギガグリオル」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、このカードが装備カード扱いとして装備されている場合、
装備モンスターの元々の攻撃力は2000になり、
装備モンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 GALACTIC OVERLORDで登場した闇属性昆虫族上級モンスター
 墓地から甲虫装機装備カードとなる起動効果と、装備モンスター元々の攻撃力を2000として貫通を付与する効果を持つ。

 上昇値は《甲虫装機 ギガマンティス》に劣るが、貫通を与えることができるようになる。
 高い破壊耐性を持つ《インフェルニティ・ガーディアン》《魔轟神獣クダベ》といったモンスターヘの対策になるのはメリットといえる。
 しかし、甲虫装機《甲虫装機 ホーネット》フィールドを一掃するため、貫通効果を与える必要のない場面も多い。
 このカード上級モンスターであり、《甲虫装機 ギガマンティス》と違い手札から装備できないため、手札にある場合、甲虫装機効果を使わないと腐る。
 ただし、《甲虫装機 ホーネット》等のキーカードを手早く墓地に落とせる《ダーク・グレファー》を採用する場合、このカード召喚コストにできるのはあちらにはない利点である。
 また、《ダーク・グレファー》《終末の騎士》《孵化》を使っても出しやすい。
 しかし、このカード《甲虫装機 ホーネット》よりも優先的に装備させる必要性が薄く、下手に多く採用すると事故要因にしかならないだろう。

 このカードの最も大きな利点は墓地から装備カードとなれる点だろう。
 甲虫装機にとって墓地リソースを失うのはやや痛いが、そこは《虚空海竜リヴァイエール》等による帰還を利用してフォローすれば良く、アドバンテージの損失を抑えることができる点は大きい。
 また、除外コスト昆虫族であれば何でも構わないため、《共振虫》《共鳴虫》ならばコストにしてしまっても痛手にはならない。

 《甲虫装機 ダンセル》効果《甲虫装機 ホーネット》を装備、墓地からこのカードを装備して除去すれば2回分のリクルートが可能となる。
 似た手順で蘇生も行える《甲虫装機 ギガマンティス》等とは墓地から追加で装備可能な点で差別化を図りたい。

  • 「グリオル」は、ケラのラテン語名(および、フランス語等、幾つかの言語での名)である「Gryllotalpa」の前半部分をアナグラムしたものか。
    ケラは大きな前足で地中を掘り進むコオロギに近似の昆虫であるが、このモンスターの両手も巨大な爪となっており地面を掘ろうとしている。
    英語名の「Cricket」は、コオロギを意味する。

関連カード

―《甲虫装機 ギガグリオル》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:自身を装備カードとする効果起動効果です。
  自身が装備カードとなっている際の効果は、魔法カード効果として扱うため、モンスター効果としての種別はありません。(13/06/15)


Tag: 《甲虫装機 ギガグリオル》 効果モンスター モンスター 星5 闇属性 昆虫族 攻2000 守1300 甲虫装機

広告