紅蓮魔闘士(ぐれんまとうし)/Knight of the Red Lotus》

効果モンスター
星6/炎属性/戦士族/攻2100/守1800
自分の墓地に存在する通常モンスターが3体のみの場合、
このカードは自分の墓地に存在する通常モンスター2体をゲームから除外し、
手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、自分の墓地に存在する
レベル4以下の通常モンスター1体を選択して特殊召喚する事ができる。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した炎属性戦士族上級モンスター
 自分墓地に存在する通常モンスターが3体のみの場合にその内2体を除外し自身を手札から特殊召喚するルール効果墓地から通常モンスター特殊召喚する起動効果を持つ。

 その効果から、【通常モンスター】【デュアル】に投入できる。
 ただし、1つ目の効果は狙って使いにくく、蘇生を多用する上記のデッキでは少々扱い辛い。
 除外してもいいかどうかはデッキによるため、使えそうなら使う程度に考えた方がいい。
 【イグナイト】では共通効果によるサーチに対応しており、ペンデュラム召喚特殊召喚しやすい。
 後半の効果イグナイト蘇生させてエクシーズ召喚リンク召喚に繋ぐ事も狙える。
 選択肢の一つとしては悪くない働きが見込めるだろう。

 2つ目の効果は、蘇生効果であり、アドバンス召喚で出した場合のディスアドバンテージを回復したり、蘇生によってさらに展開を狙える。
 しかし前提として墓地レベル4以下の通常モンスターが必要であり、このカード自体の攻撃力はそれほどでもない。
 つまる所、あまり維持しやすい訳でもなく、維持できたとしてもアドバンテージになるにはその分通常モンスター墓地へ送るギミックが必要。
 レベル通常モンスターを主力にするなら、リリース用とで2体を揃える事に徹した方が、安定性やエクシーズ召喚による応用性で勝る。

 もしくはチューナー通常モンスター蘇生させ、シンクロ召喚するのもよい。
 通常モンスターチューナー《予想GUY》リクルートしてこのカードアドバンス召喚チューナー蘇生させるという流れでシンクロ召喚も容易になる。
 場合によっては召喚権を残したまま展開できる。

 またレベル6の上級モンスターであるため、《聖刻龍−トフェニドラゴン》とのシナジーがある。
 あちらをリリースしてドラゴン族通常モンスター特殊召喚すれば、蘇生分と合わせ様々な展開パターンを利用できる。
 デッキとして無理なく複数の通常モンスターを組み込める上、フィールド状況に関わりなく《竜の霊廟》によりドラゴン族通常モンスター墓地へ送りやすい点でも併用は狙いやすい。
 《聖刻龍−トフェニドラゴン》から《レッド・ドラゴン》を展開すれば、《陽炎獣 バジリコック》も扱える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:墓地から特殊召喚する効果は、対象を取りますか?
A:はい、取ります。(09/07/28)


Tag: 《紅蓮魔闘士》 モンスター 効果モンスター 星6 炎属性 戦士族 攻2100 守1800

広告