(あら)ぶるアウス/Avalanching Aussa》

効果モンスター
星4/地属性/魔法使い族/攻 800/守1500
このカードを除く自分フィールド上の
地属性モンスター1体を生け贄に捧げる事で、
手札から地属性モンスター1体を特殊召喚する。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
この効果によって特殊召喚されたモンスターは、
「荒ぶるアウス」が自分フィールド上から離れた場合破壊される。

 ※テキスト中の「生け贄」は「リリース」を指す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した地属性魔法使い族下級モンスター
 自身と同じ属性モンスター手札から特殊召喚する起動効果を持つ。

 このカードリリース用のカード2枚が必要でありながら、手札から特殊召喚できるのは1体のみ。
 特殊召喚したいのがレベル7以下であったり、複数体出したいのであれば、大抵の場合自壊もないペンデュラム召喚で済んでしまう。

 効果発動する際にはリリースの確保が重要となる。
 やはり第一の候補は《スケープ・ゴート》効果によって特殊召喚される羊トークンだろう。
 《ドラゴノイド・ジェネレーター》からドラゴノイドトークン特殊召喚することでもリリースを用意できる。

 特殊召喚されたモンスターを道連れに破壊するデメリットを持つので、このカードを守る手段を講じるか特殊召喚されたモンスターとの関係を絶つのが有効。
 このカード《ガガガシールド》《安全地帯》で守る他、このカードエクシーズ素材にしたり、このカード特殊召喚されたモンスター表示形式裏側表示に変更するといった方法が挙げられる。

 サイクル・リバースモンスターならば特殊召喚後に他のサポートに頼らずに自ら裏側守備表示に変更可能である。
 《竜脚獣ブラキオン》《守護者スフィンクス》などの特殊召喚可能な上級サイクル・リバースモンスターを有するのは、地属性だけであり大人状態の中では実用性が高く、このカードを軸にしたデッキも組む事ができる。
 《デーモン・イーター》ならば地属性リリース、またはエクシーズ素材として使える。
 ペンデュラムモンスターを使うのも手であり、リリース要員、エクシーズ素材を補いやすい。

  • 連番で登場し続けた四霊使いだが、この収録で最後となり、関連カードは後に疎らに登場している。
    マスターガイド2によれば少女たちの成長した姿であり、彼女の場合は体に合わせて杖も大きくなり、大地の守護者となったとの事。
    成長前である霊使い憑依装着は長い時を経て《憑依解放》が登場しカテゴリされたが、この「大人状態」は共通した名前が存在しないためか、サポートされていない。
    また成長前と違いコストを賄う事ができず手札モンスター属性を変更する事ができない以上、複数の霊使いを採用する【霊使い】に投入するのは難しい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《荒ぶるアウス》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 魔法使い族 攻800 守1500

広告