鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分の機械族・闇属性モンスターは、それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されず、
その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、その数値分だけ攻撃力がアップする。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、
戦闘または自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。
手札から機械族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編2−で登場したフィールド魔法
 闇属性機械族1ターンに1度戦闘破壊耐性強化効果の付与、闇属性機械族カード破壊した場合をトリガーに、手札から闇属性機械族特殊召喚する効果を持つ。

 (1)は闇属性機械族戦闘破壊耐性強化効果を付与する効果
 受けた戦闘ダメージが減少しなければ、戦闘を行ったモンスターと同じ攻撃力になる。
 相手攻撃強化された場合、次の自分ターン攻撃すれば戦闘破壊可能になる。
 こちらから攻撃した場合も強化され、次の相手ターンでの攻撃を牽制できる。
 ただ、相手がそれを分かっている状態で攻撃するとは考えにくく、実際は戦闘破壊耐性と合わせて相手の攻撃を牽制する役割が強いだろう。
 《メタバース》相手攻撃時に発動すれば意表をつける。

 (2)は破壊トリガーに更にモンスターを展開する効果
 闇属性機械族には破壊効果を持っているモンスターも多いので、発動機会は多い。
 レベル制限はないので、できる限り上級モンスターを展開したい。
 破壊効果持ちが多く、高レベル闇属性機械族を多く擁する【ギミック・パペット】とは相性がいい。
 元々の属性を参照するので、《A・O・J コアデストロイ》《A・ジェネクス・ドゥルダーク》を主力として採用でき、《DNA移植手術》属性を変更する【A・O・J】においても貴重な展開手段として運用できる。
 フィールドのカード破壊された場合なので、自壊などでもトリガーとなる。

  • 復刻パックの鋼鉄の襲撃者−METAL RAIDERS−と漢字表記が同じである。
    しかし、あちらの漢字表記部分はそのまま「こうてつのしゅうげきしゃ」と読み、後半の英語部分のルビは「メタルレイダース」である。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作第14巻・第120話のサブタイトルが「鋼鉄(ヘビーメタル)襲撃者(レイダース)」である。
    「の」にルビはかかっておらず、「ヘビーメタルのレイダース」と読める。

関連カード

イラスト関連

フィールドカード破壊する効果を持つ機械族闇属性モンスター一覧

相手フィールドモンスター破壊するモンスター《BM−4ボムスパイダー》を参照。

魔法・罠カード除去

――相手フィールド

――フィールド

身代わり

自壊

――自壊付与

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:《A・ボム》効果は条件を満たせますか?
A:いいえ、フィールド以外で発動する効果では条件を満たせません。(17/11/11)

Q:《スフィア・ボム 球体時限爆弾》効果は条件を満たせますか?
A:いいえ、装備魔法効果であるため条件を満たせません。(17/11/11)

Q:《Kozmo−ダークプラネット》効果は条件を満たせますか?
A:いいえ、フィールドカード破壊する扱いでないため条件を満たせません。(17/11/11)

Q:《巨大戦艦 ビッグ・コア》効果は条件を満たせますか?
A:はい、自身を破壊しても条件は満たせます。(17/11/11)

Q:効果発動したモンスターが、チェーンした効果破壊され効果処理時フィールドに存在しない場合条件を満たせますか?
A:はい、機械族闇属性モンスターフィールド発動をしたのであれば効果処理時フィールドに存在しなくとも条件は満たせます。(17/11/11)


Tag: 《鋼鉄の襲撃者》 魔法 フィールド魔法

広告