剛鬼(ごうき)ザ・パワーロード・オーガ》

リンク・効果モンスター
リンク4/地属性/戦士族/攻2800
【リンクマーカー:右/左下/下/右下】
戦士族モンスター2体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの攻撃力は、このカード以外の自分フィールドの
リンクモンスターのリンクマーカーの合計×200アップする。
(2):リンク召喚したこのカードは他のカードの効果を受けない。
(3):自分フィールドの「剛鬼」リンクモンスター1体をリリースし、
そのリンクマーカーの数までフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ETERNITY CODEで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 自分フィールドリンクマーカーの数×200自己強化する永続効果効果を受けない永続効果剛鬼リンクモンスターコストとしてリリースし、そのリンクマーカーの数まで相手フィールドのカード破壊する起動効果を持つ。

 剛鬼リンクモンスターとしては初めてリンク素材剛鬼を要求しない。
 《聖騎士の追想 イゾルデ》を経由してリンク召喚することができ、効果も単体で完結しているため【戦士族】なら汎用リンク4として扱える。
 あちらで《焔聖騎士−リナルド》リクルートし、その効果《リビング・フォッシル》サルベージすれば少ない消費で簡単に出せる。

 (1)は自分フィールドリンクマーカーの数に比例した自己強化効果
 単体では攻撃力3000を超えず、他の剛鬼による強化は(2)により受けられないため、戦闘破壊を狙うならリンク2以上も出し、攻撃力3000を超えるようにしておきたい。

 (2)は効果を受けない耐性
 強固な耐性であるが上述の通り、他の自分カードによる補助も受けられない。

 (3)は剛鬼リンクモンスターリリースしてそのリンクマーカーの数まで相手フィールドのカード破壊する効果
 自身もリリースすることができるため、単体でも4枚まで除去できるカードとなる。
 なお他の剛鬼リンクモンスターコストにした場合、(2)の耐性により無効にされることはないが、自身をリリースした場合にはチェーンして無効にされうる点は注意。

  • カード名のモチーフとなったプロレスラーは、日本プロレス界の黎明期を支えたレスラーである「力道山」だろう。
    「パワーロード」は直訳することで「力道」となり、下記の口上にも「力」「道」「山」の文字が確認できる。
    • イラストは、力道山の代名詞とも言えるプロレス技「空手チョップ」をイメージしたものだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《剛鬼ザ・パワーロード・オーガ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 地属性 戦士族 攻2800 剛鬼

広告