剛鬼(ごうき)ジェット・オーガ》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/戦士族/攻2000
【リンクマーカー:左/下】
「剛鬼」モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの「剛鬼」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、フィールドのモンスターを全て表側攻撃表示にする。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの「剛鬼」モンスターの攻撃力はターン終了時まで500アップする。

 LINK VRAINS BOXで登場した地属性戦士族リンクモンスター
 自分剛鬼カード破壊フィールドモンスター表側攻撃表示にする起動効果フィールドから墓地へ送られた場合に自分剛鬼全体強化する誘発効果を持つ。

 リンク素材剛鬼2体で、《剛鬼スープレックス》《剛鬼ヘッドバット》《剛鬼再戦》を活用すれば容易にリンク召喚可能。
 特に《剛鬼再戦》は、リンク素材とした剛鬼効果サーチすればそこから剛鬼リンク3・4にも繋がるため、非常に相性が良い。

 (1)は剛鬼カード破壊して全てのモンスター攻撃表示に変更する効果
 剛鬼モンスター破壊してもサーチ効果でトータル的にはアドバンテージを失うことはなく、フィールド魔法《剛鬼死闘》破壊してもいい。
 相手モンスター攻撃表示にすれば《剛鬼ザ・グレート・オーガ》効果弱体化させやすく、戦闘ダメージを与えやすい。
 全体攻撃できる《剛鬼ザ・マスター・オーガ》ならば状況次第では1ターンキルも可能となり、《おジャマトリオ》などを使えばこちらからその状況を作り出せる。
 《剛鬼再戦》蘇生したモンスター攻撃表示にすることもでき、デッキ攻撃性を高められる。

 (2)は墓地へ送られた場合に発動する剛鬼への全体強化
 主に自身をリンク素材として墓地へ送り発動するのが狙いとなる。

 【剛鬼】に採用されるリンク2には、全体強化サルベージ効果を持つ《ミセス・レディエント》や、サーチ効果を持つ《聖騎士の追想 イゾルデ》も存在する。
 それらのリンクモンスターと比べると、このカードには直接的なアドバンテージを稼ぐ効果を持たないのがやや厳しい。
 このカードの最大の利点はやはり剛鬼の名を持つ事であり、リンク3・4の剛鬼への橋渡しとしての役割が中心となるだろう。

 《剛鬼ジャドウ・オーガ》リンク先で(1)の効果発動し、あちらの効果でこのカード破壊蘇生することで実質ノーコストでの全体強化が可能である。
 (1)には同名カード発動制限がないので、再度の効果発動も狙える。

  • サーベルを持ち、背中には(名前からするとおそらく)ジェットエンジンを背負っている。
    モチーフは、頭にターバンを巻き、フェンシングのサーベルを振り回す姿で一世を風靡したインド人の悪役レスラー「タイガー・ジェット・シン」だろう。
    「オーガ(Ogre)」については《岩窟魔人オーガ・ロック》を参照。
  • リンク召喚時には、手に持ったサーベルに噛みつく演出がなされた。
    これはモチーフと推測される「タイガー・ジェット・シン」の有名なパフォーマンスを強く意識したものと考えられる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《剛鬼ジェット・オーガ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 戦士族 攻2000 剛鬼

広告