合成魔獣(ごうせいまじゅう) ガーゼット/Maju Garzett》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻   ?/守   0
このカードの攻撃力は、生け贄召喚時に生け贄に捧げた
2体のモンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

 ※テキスト中の「生け贄」・「生け贄召喚」はそれぞれ「リリース」・「アドバンス召喚」を指す。

 ガーディアンの力で登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 リリースしたモンスター攻撃力の合計が自身の攻撃力になる永続効果を持つ。

 その攻撃力の換算法から、リリースが1体多くなるにも関わらず、《偉大魔獣 ガーゼット》以下の攻撃力しか得られない。
 複数体をリリースしてアタッカーにするなら召喚権不要で貫通能力を持つ《真魔獣 ガーゼット》の方が格段に扱い易い。
 また、リリースしたモンスター攻撃力を吸収する以外に追加効果を持つ《霧の王》も存在する。

 《偉大魔獣 ガーゼット》にはないメリットとして《インターセプト》コントロール奪取されず、また《ハードアームドラゴン》と高攻撃力モンスターリリースすることで強力なフィニッシャーとなる。
 《悪夢再び》《E−HERO ヘル・ゲイナー》等の闇属性悪魔族サポートカードを使えば、《霧の王》等との差別化を図りつつ、攻撃のチャンスを増やすことができる。
 だが、基本的には2体のリリースが必須となる重さや高い攻撃力を得ることの難しさも踏まえ、《偉大魔獣 ガーゼット》《霧の王》下位互換として扱われる事が多い。
 レベル悪魔族攻撃力?という要素がよほど重宝されるデッキでなければ、難しいと言わざるを得ないだろう。

  • 永井豪原作のロボットアニメ『マジンガーZ』に酷似した名を持ち、英語名ではその傾向がより顕著。
    角の形状などのデザイン面でも、上記の作品に登場するロボット「マジンガーZ」との類似性がみられる。
    身体の半分が外骨格のような奇妙なデザインをしているが、同アニメのエンディングでもマジンガーZの丁度半分が内部メカの透視図となって表現されるシーンがある。
    骨格側の肩や眼の形状は、マジンガーZそのものよりも、この内部メカの形状に近い他、体の右半身が女性であり左半身が男なマジンガーZの敵キャラである「あしゅら男爵」との類似性も見られる。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(12/09/07)

Q:《巨大化》《収縮》適用された場合、どうなりますか?
A:→元々の攻撃力(守備力)参照

Q:《メガロック・ドラゴン》2体をリリースした場合、このカード攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力で判断しますので、カード記載の攻撃力?で攻撃力は0+0=0になります。(07/09/15)

Q:妥協召喚した《可変機獣 ガンナードラゴン》2体をリリースした場合、このカード攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力で判断しますので、カード記載の攻撃力の2800で2800+2800=5600になります。(07/09/15)

Q:アドバンス召喚されたこのカードの効果《スキルドレイン》によって無効化された後で《スキルドレイン》破壊された場合、攻撃力はどうなりますか?
A:0になります。(12/10/06)


Tag: 《合成魔獣 ガーゼット》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻? 守0

広告