(とどろき)(ジェネレイド) ハール》

効果モンスター
星9/闇属性/魔法使い族/攻3000/守3000
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「轟の王 ハール」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):1ターンに1度、相手がドローフェイズ以外で
デッキからカードを手札に加えた場合に発動できる。
相手は自身の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送らなければならない。
(3):魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、
自分フィールドの「ジェネレイド」モンスターまたは
魔法使い族モンスターを合計2体リリースして発動できる。
その発動を無効にし破壊する。

 ETERNITY CODEで登場した闇属性魔法使い族最上級モンスター
 自分フィールドに1枚しか存在できないルール効果相手カードを加えた時に相手モンスター墓地へ送らせる誘発効果ジェネレイド魔法使い族2体をリリースして効果の発動無効及び破壊する誘発即時効果を持つ。

 他のレベルジェネレイドと異なり固有効果を2つ持つ。

 1つ目はドローフェイズ以外での相手ドローサーチ行為に対する除去またはハンデス効果
 昨今はドローサーチ効果を多用するデッキが多いので、自然と発動条件が満たせる機会も多いだろう。
 こちらのカードトリガーにする場合には、【ジェネレイド】では《剣の王 フローディ》《永の王 オルムガンド》《王の襲来》などがトリガーとして適する。
 (なお、ダメージステップには発動できないので《王の報酬》トリガーにならない。)
 ただし、墓地へ送るモンスター相手フィールド手札から選ぶため必ずしも効果的に働くとは限らない。
 場合によっては相手墓地肥やしを手助けしてしまう可能性もある。
 一方で、相手プレイヤーに強要する効果であるため、効果を受けない耐性を持つモンスターすらも除去し得る。

 2つ目は効果の発動無効にして破壊するカウンター効果
 カウンター範囲は幅広く、自身の高いステータスも合わさってジェネレイドの中でも場持ちは良い方と言えるだろう。
 コストが2体と重いが、【ジェネレイド】ではジェネレイドトークンの存在により発動コストの捻出も簡単。
 【魔法使い族】で使用する場合はレベルEmペンデュラム召喚で再利用可能な魔術師などの展開しやすいモンスターを利用したい。
 闇属性・魔法使い族のサポートにも対応しており、それらを採用するデッキでは出しやすい。

  • カード名の由来は北欧神話の主神であるオーディンの呼び名の1つ「ハール(片眼のもの)」だろう。
    イラストでも片目のみが赤く輝いている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《轟の王 ハール》 モンスター 効果モンスター 星9 闇属性 魔法使い族 攻3000 守3000 ジェネレイド

広告