黒板消(こくばんけ)しの(わな)/Trap of Board Eraser》

カウンター罠
ダメージを与える効果が発動した時に発動する事ができる。
自分が受けるその効果ダメージを無効にし、相手は手札を1枚選択して捨てる。

 新たなる支配者で登場したカウンター罠
 自分が受けるダメージ無効にし、相手手札を1枚捨てる

 発動自体は無効にしないが、ノーコスト発動できる上にハンデス効果もあるため、1:1交換または1:2交換が成立する。
 効果自体は決して弱くはないカードだが、効果ダメージメタという範囲の狭さが最大の欠点。
 バーンデッキの多い環境で、下記の様にハンデスカードとしても利用できるデッキを用いている場合にサイドデッキ投入を検討できる程度だろう。

 効果ダメージメタとしてではなく、ハンデスカードとして採用することも考えられる。
 《BF−精鋭のゼピュロス》のようにデメリットとして自分ダメージを与えるカードを多用するデッキなら、罠カードゆえのタイムラグはあるが発動は難しくない。
 ただし、相手捨てるカードを選ぶため、腐ったカードの処理などに利用されるだけの可能性もあり、やや物足りない。
 能動的な動きができタイムラグもない《DDD反骨王レオニダス》などとも競合するため、その上でこのカードを採用するデッキは少ないだろう。

  • イラストは、子供の遊びの定番「黒板消し落とし」の図。
    やや不謹慎なイラストにも見えるが、海外でも特に修正などはなされていない。
    なお、実際にやっても開ける最中に地面に落ちてしまう場合がほとんどであり、相当素早く開けて入りでもしない限り綺麗に頭に乗るという事はほぼないと言っていい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手手札がない場合、発動できますか?
A:いいえ、空撃ちになるため発動できません。


Tag: 《黒板消しの罠》 カウンター罠

広告