黒魔導戦士(くろまどうせんし) ブレイカー/Breaker the Dark Magical Warrior》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1600/守1000
「黒魔導戦士 ブレイカー」の(4)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを2つ置く。
(2):このカードがP召喚に成功した場合に発動する。
このカードに魔力カウンターを3つ置く。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの魔力カウンターの数×400アップする。
(4):このカードの魔力カウンターを1つ取り除き、
フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 召喚に成功した時は2つ、ペンデュラム召喚に成功した時には3つ魔力カウンターを置く誘発効果魔力カウンターの数を参照して自己強化する永続効果魔力カウンターを1つ使って魔法・罠カード1枚を除去する起動効果を持つ。

 《魔導戦士 ブレイカー》上位種
 あちらと比べ、魔力カウンター置く手段と置ける数が増えている。
 召喚に成功した場合は攻撃力2400となるが、アドバンス召喚前提の使用の場合、元々の攻撃力が2400あり、2枚の魔法・罠カード破壊できる《氷帝メビウス》のほうが扱いやすい。
 こちらは《死皇帝の陵墓》等によるリリースなしの召喚が可能な点、ペンデュラム召喚魔力カウンター3つを確保して効果発動できる点を活かしたい。

 《マジカル・アブダクター》なら魔力カウンターサポートも併用でき、その他では魔法使い族魔術師を使うといいだろう。
 《音響戦士ギータス》など、汎用性のあるペンデュラムモンスターを併用してもいい。

 【魔力カウンター】では、《魔力掌握》《魔法都市エンディミオン》等のサポートカードを利用できる。
 《魔導戦士 ブレイカー》と比較すると、置ける魔力カウンターの数に制限がないため、魔力カウンターによる強化に上限がない点は勝る。
 しかし、除去効果1ターンに1度と制限されているため、魔力カウンターを補充して除去を連発できない点は劣っている。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-V第8話において、赤馬日美香の想像した「LDSペンデュラムコース」の黒板にこのカードが確認できる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《黒魔導戦士 ブレイカー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻1600 守1000

広告