混沌の落とし穴(カオス・ホール)/Chaos Trap Hole》

カウンター罠
2000ライフポイントを払って発動できる。
光属性または闇属性モンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚を無効にし
ゲームから除外する。

 THE SHINING DARKNESSで登場したカウンター罠
 ライフコストを支払うことで、光属性闇属性モンスターチェーンブロックを作らない各種召喚無効にし除外する効果を持つ。

 闇属性光属性以外にも対応でき、チェーンブロックを作るモンスター効果魔法・罠カードカードの発動にも対応する《神の警告》が存在する。
 優れているのはモンスター除外する点くらいであり、このカード汎用性で大きく劣っている。

 除外が目的ならば、召喚無効にする性質から使われる場面や用途は全く違うもののより汎用性の高い《奈落の落とし穴》も存在する。
 破壊耐性を持つモンスターは多いが、それが闇属性光属性であるとは限らない。
 だがカード《奈落の落とし穴》とは違いカウンター罠のため、【パーミッション】では除去カードとして機能しうる。
 この場合、苦手とする《人造人間−サイコ・ショッカー》を対処できるのも強み。

 対応範囲からして、相手光属性闇属性を出さなければ全く役に立たない。
 相手デッキによっては手札事故の要因どころか、になる可能性も高い。
 そのため、サイドデッキ向けのカードと言えるが、環境によってはメイン投入もありえる。

 逆に、サイドデッキに準備できていれば相手によっては大打撃となる可能性がある。
 光属性闇属性自体は採用率の高く遭遇する機会も多いモンスター群なので、相手を見て投入を判断したい。
 前述の《神の警告》13/03/01から制限カードに指定されたため、2枚目以降としての採用も期待できる。
 《解放のアリアドネ》サーチでき、ライフコストを踏み倒すこともできるので併せて採用しておくのもいい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:光属性モンスター闇属性モンスターが同時にペンデュラム召喚される際にこのカード発動しました。
  両方のモンスター特殊召喚無効になりますか?
  また、それ以外の属性モンスターが同時にペンデュラム召喚される場合でも発動できますか?
A:ペンデュラム召喚されるモンスターの中に光属性闇属性モンスターが含まれているなら、このカード発動できます。
  ペンデュラム召喚されるモンスターのうち、光属性モンスター闇属性モンスター特殊召喚無効になります。(14/03/27)


Tag: 《混沌の落とし穴》 カウンター罠

広告