混沌帝龍(カオス・エンペラー・ドラゴン)終焉(しゅうえん)使者(ししゃ)−/Chaos Emperor Dragon - Envoy of the End》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
(1):1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

 混沌を制す者で登場した闇属性ドラゴン族特殊召喚モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚条件お互い手札フィールドのカードを全て墓地へ送り相手ダメージを与える起動効果を持つ。

 カオスモンスターの一体であり、軽い召喚条件ながらも高いステータス、そしてお互い手札まで波及する豪快な全体除去効果を持つ。
 しかし、全体除去効果発動するターン発動前も発動後も一切他のカードの効果発動できない誓約効果があるため、安易に使うことはできない。

 全体除去を行うとそのターンは他に何もできない場合が多いため、優勢時よりは劣勢時の巻き返しに向いている。
 カード・アドバンテージでどれだけ劣勢に立たされようとも、このカード1枚で全てをリセットできる。
 ただし、先に通常のドローを行えるのは相手であるため、自分の方が不利な状況でスタートすることになる。
 墓地アドバンテージリセットされないため、墓地《超電磁タートル》《ネクロ・ガードナー》などを予め置いておけば次のターンに備えられる。

 バーン効果も持ち合わせており、相手手札フィールドカードを4枚以上墓地へ送れライフコストより大きなダメージを与えられる。
 相手ライフポイントが少なければ、十分引導火力にもなりうる。
 そのターン中に何らかのカードの効果を使用していなければ、バトルフェイズで自軍モンスターで総攻撃を仕掛け、メインフェイズ2効果発動してトドメを刺すという使用法もできる。
 ペンデュラム召喚カードの効果によるものではないため、このカードと共に展開することも難しくはない。

 ドラゴン族であるためサポートカードは多く、《エクリプス・ワイバーン》《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチも可能。
 しかしこれらの効果手札に加えた場合、そのターン全体除去効果発動できない。
 また、効果発動チェーンして《エフェクト・ヴェーラー》等で効果無効にされると、除去できないまま誓約効果のみが適用されるという致命的な弱点がある。
 その《エフェクト・ヴェーラー》を別のカードカウンターすることも誓約効果によってできないため、効果発動の瞬間を狙われると脆い。

 モンスター効果は強力なものの、発動にともなう制約と失敗時のリスクが大きく、有効に使える状況は限られる。
 特殊召喚そのものは容易なので、普段はアタッカーとして使いつつ、機を見て全体除去を伺うという使い方が無難だろう。
 特殊召喚した次のターン以降にも全体除去効果は使えるため、立っているだけでも相手へのプレッシャーは大きい。

  • 禁止カードであり、エラッタによって弱体化され制限復帰したカードである。
    エラッタ前のテキストは以下の通り。
    エラッタにより「蘇生不可」「効果発動ターンは他の効果発動できない」という2つの制約が加えられ、バーンの参照となるのは相手墓地へ送ったカードのみとなっている。
    このカードは通常召喚できない。
    自分の墓地の光属性と闇属性モンスターを1体ずつゲームから除外して特殊召喚する。
    1000ライフポイントを払う事で、
    お互いの手札とフィールド上に存在する全てのカードを墓地に送る。
    この効果で墓地に送ったカード1枚につき相手ライフに
    300ポイントダメージを与える。
  • 戦いの儀の前に海馬が遊戯に差し出したジュラルミンケースの中に入っていたカードの1枚でもある。
  • アニメGXでは「十代vs神楽坂」戦において、神楽坂が《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》を使用する際に三沢がこのカードについて解説している。
    その強力さゆえ、GXの世界でも禁止カードに指定されているようだ。
    また、万丈目準の兄・長作がこのカードを所持していることや、大原が扮した謎の大男に奪われたブルー生徒のカードの中に、《魔空要塞ジグラート》や《同胞の絆》と共にこのカードがあるのが確認できる。
    「十代vs影丸」戦の中で双六の店のショーケースに並んでいるのが確認できるが、三幻魔に力を吸収され白くなっていた。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:1000ライフポイント払うのはコストですか?
A:コストです。(10/07/07)

Q:このカードの効果墓地へ送る処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:いいえ、同時に行う扱いではありません。(12/11/03)

Q:他の発動したカードの発動自体が《光と闇の竜》効果無効になった場合、同じターンに(1)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/12/19)

Q:お互い手札が0枚の時でも発動できますか?
A:はい、発動でき、フィールドカード墓地へ送ってダメージを与える処理を行います。(14/12/19)


Tag: 《混沌帝龍 −終焉の使者−》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告