(たましい)解放(かいほう)/Soul Release》

通常魔法
お互いの墓地のカードを合計5枚まで選択し、
そのカードをゲームから除外する。

 Vol.5で登場した通常魔法
 墓地カードを5枚まで除外する効果を持つ。

 用途は2つに大別できる。

 1つ目は、相手墓地からカード除外する事による墓地利用の妨害。
 幻影騎士団《黄泉ガエル》《D−HERO ディアボリックガイ》等の墓地効果発動するモンスターや、蘇生されたくない切り札クラスのモンスターが狙い目となる。
 また、【ライトロード】【インフェルニティ】等、墓地アドバンテージの利用を中核にするデッキは多々あるため、それらに対するメタカードとして機能する。
 魔法・罠カード除外できるので、墓地効果発動できる魔法・罠カードへの対策になる。

 2つ目は、自分墓地から除外する事による、墓地カードの枚数や除外されたカードを用いる戦術の補助。
 前者は《ダーク・アームド・ドラゴン》等のダークモンスター《異次元の境界線》、後者は《カオス・エンド》不知火等の墓地除外カードの枚数を参照する効果の補助になる。
 特に《紅蓮魔獣 ダ・イーザ》はこのカード1枚で攻撃力が2000も上がり、《ディノインフィニティ》に至っては最大5000も上がる。
 また、事前に《魂吸収》発動しておけば、最大2500のライフ回復カードと化す。

 欠点は通常魔法であるため、相手ターン墓地へ送られたカードをその場で除外できないことである。
 今日ではデュエルの高速化により、墓地へ送ったカードをそのターン中に利用する事が多くなっている。
 この点では、相手ターンに使用でき無効化されにくく、相手の行動に対しピンポイントメタとして打てる《D.D.クロウ》に劣っている。
 除外できる枚数自体では勝っているが、除外したカード全てが相手を困らせるわけではないため、単純に5枚のアドバンテージにはならない。
 それらのカードが最初から墓地にないものとして戦略を立てられてしまうため、その働きは奇襲性のある《D.D.クロウ》とは大きく異なる。
 自分墓地除外できる点は《D.D.クロウ》にない利点だが、その場合《マクロコスモス》という選択肢もある。

 相手墓地メタとしてはどうしても中途半端なので、自分カード除外したいデッキで採用し、それを主目的としながら状況次第で相手カード除外するのが主な使い方となるだろう。
 このカードの特長は、自分墓地の利用を封殺せずに除外枚数を稼げる点、そして状況に合わせて除外枚数を変えられる点である。
 墓地の枚数を特定の数ぴったりに調整したい【ダークモンスター】や、墓地除外の両方を利用する【不知火】での採用が検討できる。

  • Vol.5でのテキストは以下の通り。
    自分・相手の墓地からそれぞれ5枚までのカードを取り除く。
    これらのカードはそのデュエル中使用できない。
    これでは最大で10枚除外できるようにも解釈できる。
  • カード名は「開放」ではなく「解放」である。
  • 体色で若干分かりにくいものの、イラストは全裸の女性である。
    例によって外国版では露出の規制により布を纏っている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「王国編」と「バトルシティ編」の間に行われたアニメオリジナルデュエル「表遊戯vsレベッカ」戦において、表遊戯がドローしている。
    発動すればレベッカの《シャドウ・グール》弱体化させ勝利できたのだが、あえて発動せずサレンダーを選んだ。
    その後、同じくアニメDMオリジナルの「KCグランプリ編」の「海馬vsジーク」戦で海馬が使用。
    海馬はそれ以前には墓地カード除外するために《魂粉砕》を使用しているが、こちらの方が強いと判断したようである。
    その後も「海馬vs闇バクラ」戦で海馬が使用し活路を開いた。
  • 「遊戯vsアテム」の決戦前夜において遊戯がデッキ作りのためにテーブルに置いたカードの内の1枚。
  • アニメGXでは十代がこのカード罠カード版ともいえる、《ヒーローズルール1 ファイブ・フリーダムス》を使用している。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:お互い墓地カードが5枚以上存在しない場合に発動できますか?
A:はい、どちらかの墓地に1枚以上カードが存在しているなら発動できます。


Tag: 《魂の解放》 魔法 通常魔法

広告