(たましい)共有(きょうゆう)−コモンソウル/Common Soul》

永続魔法
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択して発動する。
自分の手札の「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を、
選択したモンスターのコントローラーのフィールド上へ特殊召喚する。
選択したモンスターの攻撃力は、この効果で特殊召喚した
「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスターの攻撃力分アップする。
このカードがフィールド上から離れた時、このカードの効果で特殊召喚した
「N(ネオスペーシアン)」と名のついたモンスター1体を手札に戻す。

 POWER OF THE DUELISTで登場した永続魔法
 手札からネオスペーシアン特殊召喚でき、選択したモンスターにそのネオスペーシアン攻撃力分の単体強化を行う。

 永続魔法となっているのはフィールドから離れた時のバウンス処理のためであり、役割としては通常魔法装備魔法的なカードである。
 メインデッキに入るネオスペーシアンは全て召喚条件のない下級モンスターなので、このカード手札消費の効率が悪くなってしまう。
 しかし《クロス・ポーター》によるサーチなどでネオスペーシアン手札に溜まりやすいので、フィールドに複数のネオスペーシアンを並べるのには役立つだろう。

 永続効果による強化も上乗せされるので、《N・フレア・スカラベ》特殊召喚すると、その上昇値分も含めて選択したモンスター攻撃力は上昇する。
 永続魔法フィールド魔法による上昇分もこれと同様に加算される。
 《終末の騎士》《マスマティシャン》から《クロス・ポーター》を介してサーチしたネオスペーシアン特殊召喚すれば《終末の騎士》《マスマティシャン》は並の下級モンスターには負けない攻撃力になる。
 また、《N・アクア・ドルフィン》特殊召喚すれば手札破壊も成功させやすく、《マスマティシャン》ならばネオスペーシアンと同じレベル3なのでエクシーズ召喚に繋げられる。

 相手の場にネオスペーシアン特殊召喚できることは、覚えておいて損は無いだろう。
 《N・グロー・モス》送りつければ自分ドローすることができる。
 羊トークン等を利用すれば大量のドローブーストも可能だが、モンスターを引いた場合、攻撃力0のモンスター攻撃表示のまま複数残ることになり大変危険である。
 《スピリットバリア》等で回避できるが、そこまでして狙うほどの価値があるかは疑問が残る。

 この他、大量にカードセットした後相手の場に《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等を特殊召喚
 それを効果対象に指定し、《N・フレア・スカラベ》特殊召喚する。
 その後、《洗脳解除》でもろとも奪い返すことで、《N・フレア・スカラベ》効果を能動的に利用できる。

関連カード

イラスト関連

―《魂の共有−コモンソウル》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果特殊召喚した「(ネオスペーシアン)」が、墓地に送られるかデッキに戻った後、フィールドに残ったこのカードフィールドから離れた場合、「(ネオスペーシアン)」は手札に戻りますか?
A:いいえ、戻りません。手札戻す効果対象になるのはフィールドに存在する「(ネオスペーシアン)」のみになります。

Q:このカードの効果特殊召喚した「(ネオスペーシアン)」が、フィールドから離れた場合、このカードの効果攻撃力が上がったモンスター攻撃力はどうなりますか?
A:その場合、このカードの効果によって攻撃力はアップしなくなります。(14/06/08)


Tag: 《魂の共有−コモンソウル》 魔法 永続魔法

広告