(たましい)()らう(もの) バズー/Bazoo the Soul-Eater》

効果モンスター
星4/地属性/獣族/攻1600/守 900
1ターンに1度、自分の墓地に存在するモンスターを3体まで
ゲームから除外して発動する事ができる。
このカードの攻撃力は相手のエンドフェイズ時まで、
除外したモンスター1体につき300ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 Labyrinth of Nightmare −悪夢の迷宮−で登場した地属性獣族下級モンスター
 墓地モンスター除外する事で、その数だけ自己強化する起動効果を持つ。

 墓地モンスターを最大である3体除外した場合は900の攻撃力を得られる。
 その際攻撃力2500に達するが、元々の攻撃力を考えると《ヴェルズ・サラマンドラ》に比べて効率が悪い。
 あちらは闇属性恐竜族と、比較的除外と相性の良いステータスなのも強みである。
 1ターン除外できる枚数が1枚勝る点や、モンスター効果無効にされても除外のみは行える点も、あまり優位な差とは言い難い。

 獣族地属性のサポートを利用するデッキで採用したい。
 《ユニコーンの導き》《ビーストレイジ》とのコンボを期待できる他、《地霊神グランソイル》特殊召喚するための墓地調整役にもなる。
 直接のメリットではないが、《一族の結束》《ブロック・ゴーレム》を利用する際に、他の属性種族除外する役割も担える。

  • 翌年からは「5連勝」ではなく「5勝」すればノーマルパラレル仕様のカードが貰える事となり、希少度は大きく下がった。
  • デザインはマンドリルをモチーフにしたと思われる。
    ただしマンドリルは雑食である。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは一番最初に魔法カードをスキャンすると登場するデッキ異次元の小宇宙(ディメンション・コスモス)」で使用できる。
    召喚時には持っている魂をかじる演出があり、攻撃時には飲み込んでしまう。

関連カード

−似た名前のカードについては《魂喰らい》を参照。

―《魂を喰らう者 バズー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魂を喰らう者 バズー》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 獣族 攻1600 守900

広告