魂写しの同化(ネフェシャドール・フュージョン)/Nephe Shaddoll Fusion》

装備魔法
「シャドール」モンスターにのみ装備可能。
属性を1つ宣言してこのカードを発動できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは宣言した属性になる。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた、
このカードの装備モンスターを含む融合素材モンスターを自分の手札・フィールドから墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した装備魔法
 装備モンスター属性を変更する効果と、装備モンスターを含むモンスター融合召喚を行う効果を持つ。

 (1)の効果属性を変えた後、(2)の効果で対応した属性シャドール融合モンスター融合召喚することになる。

 同じくシャドール専用融合カードである《影依融合》《神の写し身との接触》と比較すると、シャドール2体の効果を使いつつ任意のシャドール融合モンスターを使い分けられるのが利点となる。
 《影依の原核》を併用する場合と比べると即効性で勝り、《アームズ・ホール》サーチ可能という利点がある。

 しかし、装備魔法ゆえにフィールドモンスターを出す必要があり、《サイクロン》などの魔法・罠除去も警戒しなければならない点も含めて、相手からの妨害を受けやすい。
 また、わざわざこのカードを使うよりも、地属性なら《マスマティシャン》炎属性なら《ヴォルカニック・バレット》、と各属性ごとに汎用性の高いカードを入れておく方が手札融合もできるため無理が少ない。
 《エルシャドール・アプカローネ》融合召喚を狙うにしても、《聖なる影 ケイウス》《影依の巫女 エリアル》《影霊の翼 ウェンディ》のいずれかを併用した方が良い。

 属性変更に関しても、《音響戦士ギータス》リクルート蘇生が可能な《音響戦士ドラムス》《簡易融合》に対応する《沼地のドロゴン》の方が扱いやすく、中途半端と言わざるを得ない。

  • カード名の「ネフェシャドール」は「ネフェシュ」と「シャドール」を合わせた造語と思われる。
    ネフェシュはヘブライ語で「魂」を表し、転じて「心」や「霊」を意味する。

関連カード

属性を変更するカード《DNA移植手術》を参照

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《魂写しの同化》 魔法 装備魔法 シャドール フュージョン

広告