砂漠の守護者(デザート・ガードナー)/Desert Protector》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻 800/守1000
このカードの守備力は、フィールド上に存在する
魔法・罠カードの枚数×300ポイントアップする。
自分フィールド上に存在する昆虫族モンスターが破壊される場合、
代わりにこのカードを破壊する事ができる。

 CRIMSON CRISISで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 自身の守備力強化し、他の昆虫族破壊身代わりになる永続効果を持つ。

 フィールド上の魔法・罠カードを計算に加えるため、お互い魔法&罠ゾーンフィールドゾーンが全て埋まっている場合、守備力は最大4600にもなる。

 自分フィールドだけでも2800に達するが、現実的には2200程度か。
 《大樹海》《光虫基盤》《王宮のお触れ》など永続カードを駆使し、守備力を底上げしたいところ。
 《くず鉄のかかし》などを併用すれば、守備力の底上げになる上に戦闘破壊からもある程度防御できるため相性が良い。

 後半の効果は、昆虫族六武衆といったところ。
 《我が身を盾に》などに比べると、身代わりになれる範囲は狭いものの、決して悪い効果ではない。
 《デビルドーザー》《アルティメット・インセクト LV7》単体除去から守ることができる。
 また、自身を破壊する効果のため、《大樹海》で後続のサーチも可能。
 守備力の高さを生かし《ブロークン・ブロッカー》で並べても面白い。
 また、《我が身を盾に》に出来ない芸当として、戦闘破壊の身代りになることも可能。
 《収縮》等で返り討ちに遭いかけたモンスター破壊も引き受けることができ、戦闘破壊トリガーとするカードの効果を阻害することができる。

 《地底のアラクネー》も相性がよく、装備カードにすることでこのカード守備力を上昇させることができる。
 また、このカード《地底のアラクネー》効果破壊から守ることもできる。

 最大の弱点は全体除去に対応していない点。
 上級モンスターの展開をキモとする【昆虫族】にとって最大の恐怖である全体除去に何も対応できない。
 《次元幽閉》をはじめとする破壊を介さない除去にも無力。
 破壊を引き受けたところで破壊効果発動したカードに影響を及ぼさないため、《ダーク・アームド・ドラゴン》にとっては痛くもかゆくもない。
 ただ、ペンデュラム召喚との相性はよく、ペンデュラムゾーンカードにより守備力強化でき、自身を表側守備表示特殊召喚できるため、守備力を活かしつつ、破壊身代わりにできる。

  • その姿(形状)は《ワーム・ミリディス》に似ている。
    おそらく共通のモチーフは「あしながおじさん」の異名を持つザトウムシだろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上の魔法・罠カード守備力上昇の計算に含めますか?
A:含みます。(08/11/18)


Tag: 《砂漠の守護者》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻800 守1000

広告