砂利(じゃり)ケーン/Gravelstorm》

通常罠
自分及び相手フィールド上に存在する
魔法・罠カードを1枚ずつ選択して発動する。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。

 GENERATION FORCEで登場した通常罠
 その名の通り小規模の《ハリケーン》

 バウンスでは再利用されてしまうため、除去目的なら《サイクロン》等を使った方が良い。
 そのため、主に自分永続魔法永続罠や、ペンデュラムモンスターバウンスして利用する事が目的となる。
 しかし、《霞の谷のファルコン》等ならばディスアドバンテージにならず、除去されない限り繰り返し使えるため、再利用という目的上では劣ってしまう。
 積極的にバウンスを狙うデッキでない場合は、召喚権を使わないこちらにも分はある。
 また、自分魔法・罠カードフリーチェーンで守れる点はそれらにないメリットである。
 《炎舞−「天キ」》など、バウンスアドバンテージを獲得できるカードに使うとよい。

 あまり多いケースではないが、相手魔法・罠カードを出さないデッキの場合は腐る
 ただし、罠モンスター送りつけ手札に戻すといった運用であれば影響は受けにくい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード自身を対象に選択できますか?
A:いいえ、できません。(11/04/16)

Q:効果解決時対象に選択したカードの内1枚がフィールド上に存在しなくなった場合、残りの対象に選択したカード手札に戻りますか?
A:はい、戻ります。(11/04/17)

Q:永続ではない魔法・罠カードチェーンして発動し、そのカード対象にできますか?
A:いいえ、できません。(12/12/17)


Tag: 《砂利ケーン》 通常罠

広告