鎖付(くさりつ)きブーメラン/Kunai with Chain》

通常罠
(1):以下の効果から1つ、または両方を選択してこのカードを発動できる。
●相手モンスターの攻撃宣言時に、
その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
●自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードを攻撃力500アップの装備カード扱いとして、
その自分のモンスターに装備する。

 遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記 付属カードで登場した通常罠
 相手攻撃宣言時に攻撃モンスター守備表示にする効果と、自分モンスター攻撃力強化する装備カードとなる効果の「片方」もしくは「両方」を選択して使用できる。

 特筆すべきは、2種類の効果の片方または両方を使えることである。
 どちらか1つのみを使えるカードは増加傾向にあるが、両方を、しかも任意に使えるカードは依然として少ない。
 相手モンスター自分モンスター攻撃力の差が、500未満なら攻撃力だけを強化して返り討ちにし、500以上なら守備表示にしつつ攻撃力を上げて次の自分ターンに処理すれば良い。
 また、装備できるモンスターが存在しない状況で攻撃を受けた場合、守備表示にする効果のみを使用することもできる。
 自分フィールドモンスターがいなくても最低限の仕事ができるという点は、装備カードとしては非常に珍しい。

 ただし、強化値では多くの装備魔法に、コンバットトリックとしては《禁じられた聖槍》に、伏せ除去への強さでは《鎖付き爆弾》に劣っており、いわゆる器用貧乏である事は否めない。
 このカードを使うのならば、守備表示化の効果を利用できるモンスターと組み合わせたい。
 守備表示ならば問答無用で除去できる《ライトロード・モンク エイリン》や、《ツイン・ブレイカー》を始めとした貫通モンスターとは相性が良い。
 《スパイダー・スパイダー》《XX−セイバー フラムナイト》といった守備表示モンスター戦闘破壊が条件であるモンスター効果も補助しやすい。

これ以前の強化手段は、種族属性が限定され、自分ターンメインフェイズでのみ発動可能な装備魔法フィールド魔法しかなかった。
強化コンバットトリックの両面において、非常に革新的な性能だったと言える。

  • カード名に反し、全くブーメランに見えない外見をしている。
    形状的にはアフリカ中部で使用されている「アフリカ投げナイフ」と呼ばれる投擲武器に近い。
    1本の持ち手と3本の歪曲した刃を持ち、どの部分が当たっても敵に損傷を与える事ができる。
    • 原作ではきちんとブーメラン型の刃をしており、実際にソリッドビジョンがブーメランとして飛んでいる描写もある。
      OCGイラストではブーメランの弧の外側に付いた小さな刃の部分を拡大しすぎた結果、ブーメランに見えなくなっている。
  • このカードにはバンダイ版のカードダスと合わせて3種類のイラストが存在しているが、その全てで微妙に形状が異なっている。

関連カード

装備カードになる罠カードこちらを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:両方の効果を選択して発動する場合、それぞれの効果は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(13/07/14)

Q:《E・HERO ワイルドマン》相手通常モンスター攻撃される際発動攻撃を止めつつ《E・HERO ワイルドマン》に装備しようと考えています。
  この場合、両方の効果適用できますか?
A:はい、罠カード効果を受けない《E・HERO ワイルドマン》を装備の対象発動することができます。
  この場合も相手攻撃無効化でき、攻撃力のアップは適用されませんが装備カードとなります。(14/05/12)


Tag: 《鎖付きブーメラン》 通常罠

広告