最強(さいきょう)(たて)/Magnum Shield》

装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの表示形式によって以下の効果を適用する。
●攻撃表示:装備モンスターの攻撃力は、その元々の守備力分アップする。
●守備表示:装備モンスターの守備力は、その元々の攻撃力分アップする。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した装備魔法
 戦士族専用であり、攻撃力守備力を合計したステータスにする効果を持つ。

 戦士族専用の装備魔法の中では、特に高いステータスの上昇値を期待できる1枚。
 表示形式に応じてそれぞれ対となる効果を持ち、上昇自体はその表示形式に対応した方しか上がらない。
 だが、その効果は実質的に攻撃力守備力を継続的に合計することと言ってよく、極端に偏ったステータスでない限り、他の多くの装備魔法を上回る上昇値を得られる公算が高い。
 また、表示形式を変更されても攻撃力守備力の合計がステータスになっているので、数値は基本的に下がらない。

 ステータスの上昇値は装備対象ステータスに依拠する。
 《ビッグ・シールド・ガードナー》《D−HERO ディフェンドガイ》等の守備力に偏ったモンスターアタッカーへと変貌させられる。
 ただ、ステータスの上昇以外の効果は無く魔法・罠除去によって簡単に無防備な状態を晒してしまう上、《反転世界》のような奇襲性も無い。
 リスクの大きさを考えると、1ターンキルクラスの大幅な戦闘ダメージを狙えるモンスターに利用したいところ。

 他の装備魔法と比べた場合、モンスターが複数体並んでいると《団結の力》に劣る可能性も高い。
 こちらは展開による爆発力はない代わりに1体でも確実に大きな上昇を見込めるため、どう展開したいかに応じ使い分けたい。
 同じく装備対象戦士族縛りを課せられている装備魔法の多くは基本的に上回れるが、《融合武器ムラサメブレード》耐性などもあるため、必ずしもこちらが勝るとは言えない。

 《不意打ち又佐》《重装武者−ベン・ケイ》装備魔法と相性の良い戦士族の代表格とはいえ、守備力が低いため、このカードとの相性は良くない。
 一方、元々のステータスが高く、連続攻撃が可能な《カオス・ソルジャー −開闢の使者−》《E・HERO ワイルドジャギーマン》に装備させれば大きなダメージを期待できる。
 前者は召喚条件が緩い特殊召喚モンスターであり、後者は《ミラクル・フュージョン》を使えば手札1枚で特殊召喚できるので比較的狙いやすいだろう。

  • Dチーム・ゼアルの「遊馬vsアリト」戦でも、遊馬が使用。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:守備力を持たないリンクモンスターに装備する事はできますか?
A:可能です。(17/03/27)


Tag: 《最強の盾》 魔法 装備魔法

広告