(さば)きの天秤(てんびん)/Balance of Judgment》

通常罠
「裁きの天秤」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):相手フィールドのカードの数が
自分の手札・フィールドのカードの合計数より多い場合に発動できる。
自分はその差の数だけデッキからドローする。

 クラッシュ・オブ・リベリオンで登場した通常罠
 相手フィールドカードの数が自分フィールド及び手札カードの合計数を超えている場合に、その差の枚数分だけカードドローする効果を持つ。

 相手とのカードの合計数の差が大きいほどカードドローすることができるため、自分手札フィールドカードを上手く調整できればこれ1枚で大量のハンド・アドバンテージを稼げる。

 しかし、相手カードフィールドのみを参照するのに対し、こちらは手札も参照し且つ相手フィールドの方の枚数が多いことも要求している。
 そのため漠然と採用してもドロー枚数が少なかったり、そもそも発動自体できない場面も決して少なくない。
 《おジャマトリオ》《ブラック・ガーデン》等で相手カードを水増しさせる等の工夫をしたい。
 特に手札フィールド墓地とあらゆる領域から自己再生用の除外コストを要求する《妖精伝姫−シラユキ》との相性は良く、大量ドローが見込めやすい。

 このカードをフルに活用できるのは【フルバーン】のようなアドバンテージを度外視したカード消費の多いデッキ
 相手カード除去する事が少ないためドロー枚数は増えやすく、《おジャマトリオ》《仕込みマシンガン》も併用するならば、相性は更に良い。
 《ハンドレス・フェイク》を用いる【インフェルニティ】で使用する手もあるが、展開力が高いためあまりドローできない事もある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドカードが合計5枚、自分手札フィールドカードが4枚の時、このカード発動しました。
  それにチェーンして《活路への希望》発動し、カードを3枚ドローしました。
  《裁きの天秤》の効果処理時には自分手札フィールドカードは7枚となりますが、差である2枚をドローできますか?
A:《裁きの天秤》は、処理時の"差の数"だけドローする効果となりますが、その後発動した自分の枚数が相手よりも増えてしまった場合、その効果適用できなくなります。
  したがって、ご質問のようにチェーンして発動し、《裁きの天秤》の効果処理を行う時点で、自分の方が2枚"多い"場合、ドローする事はできません。(15/04/28)


Tag: 《裁きの天秤》 通常罠

広告