殺炎星(さつえんせい)−ブルキ/Brotherhood of the Fire Fist - Buffalo》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1700/守1000
このカードが墓地に存在する場合、
手札または自分フィールド上に表側表示で存在する、
「炎星」または「炎舞」と名のついたカードを合計2枚墓地へ送って発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
「殺炎星−ブルキ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 LORD OF THE TACHYON GALAXYで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 手札フィールドから炎星炎舞を合計2枚墓地へ送る事で自己再生する起動効果を持つ。

 自己再生が可能ではあるものの2枚の消費が必要であり、炎星には炎舞サーチするカードがあると言えども消費の多さが気になる所。
 《炎舞−「天キ」》から《捷炎星−セイヴン》サーチし、召喚してコストにすれば召喚権だけの実質ノーコストになるが、レベルが合わないので併用が難しく、攻め手が遅くなる。
 自己再生以外にメリット効果が無く打点も中程度であるためエクシーズ素材にするなどもうひと手間加えなくては少々心許ない。

 同じレベル4の《微炎星−リュウシシン》炎舞の枚数を稼いでから、蘇生させればエクシーズ召喚に繋げられるが、そもそもあちらが蘇生効果を持っている。
 同時に使用出来れば3体のエクシーズ召喚も狙えるが、そこまで大量の炎舞を稼ぐのは難しい。

 注目すべきは、あちらと違い炎舞だけでなく炎星コストにでき、かつ手札カードコストにできる点。
 効果使用済みの《魁炎星王−ソウコ》をどかしつつ、これのエクシーズ素材として保留されていた炎星墓地へ送る事ができ、《熱血獣士ウルフバーク》で次の展開に繋げられる。
 同様に《立炎星−トウケイ》墓地に送り込み、《炎星師−チョウテン》蘇生を無駄なく利用可能。
 また、《炎星皇−チョウライオ》《獣神ヴァルカン》の制約によって、使用できない手札カードコストに転用できる。
 これらの行為はカード・アドバンテージの取得には至らないが、《間炎星−コウカンショウ》に対応するため、これの柔軟な展開を狙うならば採用の価値はある。
 自身の制約もそうだが、元よりサーチに対応し、《炎王の急襲》で間接的に墓地に置けるため、少数の採用でも運用はしやすい。

  • 海外版のイラストでは、炎に浮かんでいる「殺」の文字が「刹」に変わっている。
  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天殺星」の生まれ変わりの「李逵」だろう。
    イラストに見られる通り二挺の板斧を得意とし、その怪力、色の黒さから「鉄牛」とも呼ばれた。
    カード名は「bull(雄牛)」と掛け合わせたものだと思われる。

関連カード

―《殺炎星−ブルキ》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《殺炎星−ブルキ》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1700 守1000 炎星

広告