讃美火(さんびか)

効果モンスター
星3/炎属性/炎族/攻 800/守 200
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
相手フィールドのカードの数だけ、相手のデッキの上からカードを墓地へ送る。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。

 ジャンプフェスタ リミテッドパック 2019で登場する炎属性炎族下級モンスター
 相手フィールドのカードの枚数分だけ、召喚に成功した時には相手デッキから相手墓地へ送る効果特殊召喚に成功した場合には自分デッキから自分墓地へ送る効果を持つ。

 召喚時には相手の、特殊召喚時には自分デッキ破壊を行う効果である。
 どちらの効果墓地へ送る枚数は相手フィールドに依存し、安定しない。
 《おジャマトリオ》《ブラック・ガーデン》などでこちらからカードの枚数を増やせば墓地へ送る枚数は増えるが、コンボ性が高まるので手札事故の危険性も増す。

 (1)のデッキ破壊は、他のカードに比べて墓地へ送る枚数の最大値は多めであり、使い所はある。
 とはいえ、召喚権を使うため、競合しやすいのがネック。

 (2)は自分墓地肥やしに使えるため、これを併用するのが良いだろう。
 守備力200の炎属性なので、《真炎の爆発》に対応しており、蘇生のついでに墓地を肥やすことができる。
 もっとも、【ラヴァル】には《炎熱伝導場》があるため、それ以外での採用となる。
 《レッド・リゾネーター》と高相性で、このカード特殊召喚しつつシンクロ召喚等に繋げる事で効率良く墓地を肥やすことができる。

  • 名前は「讃美歌(キリスト教における神を讃える歌)」と「火」の複合だろう。
  • イラストでは羽がセイヨウヒイラギの葉っぱのようになっている妖精と思しき少女が楽しそうにキャンドルを掲げている。
    最初に配布された際のイベントであるジャンプフェスタ2019が2018年の末であること、セイヨウヒイラギ、キャンドルの赤いリボンとベル、讃美歌といった要素から、クリスマス(イエス・キリストの生誕祭)の要素が見て取れる。
  • 見切れているが、右側にいる誰かが、同じデザインでリボンが青い色違いのキャンドルを持っているようだ。

収録パック等


Tag: 《讃美火》 モンスター 効果モンスター 星3 炎属性 炎族 攻800 守200

広告