()のマジック・ボックス/Mystic Box》

通常魔法
(1):自分及び相手フィールドのモンスターを1体ずつ対象として発動できる。
その相手のモンスターを破壊する。
その後、その自分のモンスターのコントロールを相手に移す。

 PREMIUM PACK 4で登場した通常魔法
 単体除去効果コントロール転移効果を持つ。

 単なるモンスター除去として使用すると2枚のディスアドバンテージとなってしまう。
 そのため、基本的に以下のようなカードとのコンボを狙って使用することになる。

  1. 《黄泉ガエル》羊トークン攻撃表示送りつけ戦闘破壊することで、直接攻撃相当の戦闘ダメージを与える。
  2. 《ピラミッド・タートル》などのリクルーター送りつけ戦闘破壊することで、除去と同時に自分フィールドモンスターを展開する。
  3. 《洗脳解除》下で使用する、またはスピリットモンスター送りつけることで、実質的に汎用単体除去として機能させる。
  4. 《大盤振舞侍》《悪魔の調理師》等を送りつけ反射ダメージを受けることで、大量ドローを狙う。
  5. 《アメーバ》《G・コザッキー》等を送りつけバーンダメージを与える。
  6. 《No.30 破滅のアシッド・ゴーレム》等を送りつけデメリット効果を押し付ける。
  7. 《黒蠍盗掘団》送りつけ攻撃力1000未満のモンスター3体で自爆特攻し、デッキから《ジャックポット7》3枚を墓地に送って特殊勝利を狙う。

 効果の対象となる相手モンスターを選択できるのが《強制転移》には無い強みだが、効果の対象となる事への耐性持ちも増加しており、一長一短の要素になりつつある。
 全体的には《強制転移》に見劣りするとはいえ、送りつけ効果の中では使いやすく、送りつけに特化したデッキなら2番手として十分採用できるだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:相手モンスター破壊自分モンスターコントロールを移すのは同時に行われる扱いですか?
A:同時の扱いではありません。(16/06/18)

Q:自分フィールド《不意打ち又佐》のみが存在している場合、発動可能ですか?
A:「コントロールを変更する事ができないモンスター」は「相手コントロールを移す対象」に選択できないため、発動できません。

Q:自分フィールド《ホルスの黒炎竜 LV6》のみが存在している場合、発動可能ですか?
A:「魔法効果を受けないモンスター」を「効果の対象」に選択する事は可能です。
  また、この場合相手モンスター破壊適用し、コントロールを移動しません。(11/07/24)

Q:このカードの効果モンスター破壊できなかった場合、コントロールを移す処理は行われますか?
A:モンスター破壊できなかった場合、コントロールを移す処理は行われません。(13/11/16)

Q:このカード対象となった自分モンスター効果解決時フィールド上に存在しなかった場合、相手モンスター破壊する処理は行われますか?
A:行われます。(16/06/19)

Q:効果解決時対象に選択した相手モンスターコントロール自分に移った場合、そのモンスター破壊して、コントロールを移す効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/03/09)


Tag: 《死のマジック・ボックス》 魔法 通常魔法

広告