死力(しりょく)のタッグ・チェンジ/Desperate Tag》

永続罠
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在するモンスターが
戦闘によって破壊されるダメージ計算時、
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージを0にし、
そのダメージステップ終了時に手札から
レベル4以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する事ができる。

 DUELIST REVOLUTIONで登場した永続罠
 戦闘ダメージを0にし、手札から戦士族モンスター特殊召喚する効果を持つ。

 特殊召喚ができて、初めて戦闘ダメージも0にできる。
 そのため、《スピリットバリア》に比べると汎用性と確実性は落ちる。

 このカードの目玉は、手札からの特殊召喚にある。
 自爆特攻と相性がよく、さらにリクルーターと併用すればデッキからもモンスター特殊召喚し、デッキ圧縮も同時に行える。
 また、このカード適用されていれば相手特殊召喚を匂わせ、その攻撃の抑制もできる。

 特殊召喚先の有力候補は、召喚に制限のある《ミスティック・ソードマン LV4》や次のターン再度召喚が狙える《エヴォルテクター シュバリエ》《未来サムライ》あたりか。
 他にも、【E・HERO】なら《ヒーロー・シグナル》と併せて《E・HERO オーシャン》《E・HERO エアーマン》を揃えて《E・HERO エアーマン》効果発動するのもいいだろう。
 次のスタンバイフェイズには、《E・HERO オーシャン》《E・HERO エアーマン》バウンスして再利用できる。
 【剛鬼】とは相性が良く、戦士族フィールドから墓地へ送られた場合に後続をサーチできるため、展開しやすい。

  • アニメVRAINS第23話の、Go鬼塚がPlaymakerを研究するシーンにおいて、鬼塚のデッキの中にOCG版のこのカードが確認できる。
    彼が使用する剛鬼はこのカードと同じくプロレスモチーフのカテゴリであり、後続確保に優れるため、モチーフ・効果の両方で相性がいい。

関連カード

―類似効果

収録パック等

FAQ

Q:セットされているこのカード発動効果の使用できるタイミングはダメージステップならどこでもできますか?
A:いいえ。ダメージステップ内ではダメージ計算時のみの発動効果の使用となります。(10/04/25)

Q:セットされているこのカードの発動ダメージステップ以外でもできますか?
A:はい。表側にするだけであればダメージステップ以外でも発動できます。(10/04/25)

Q:トークン攻撃表示で存在し破壊された場合は、このカードの効果適用されますか?
A:はい。攻撃表示破壊されたのであれば適用されます。(10/04/25)

Q:このカードを複数発動している場合、特殊召喚効果は重複しますか?
A:重複しません。(13/03/10)

Q:このカードの基本的な処理の仕方を教えてください。
A:発動条件を満たしているとき、ダメージ計算時にチェーンブロックが作られます。
  その後、ダメージステップ終了時、戦闘破壊されたモンスターフィールドから離れるときに、チェーンブロックを組まずに、手札戦士族特殊召喚します。(10/04/29)

Q:自分フィールド上は戦闘破壊されるモンスターを含め5体でモンスターカードゾーンが埋まっています。
  「手札から戦士族特殊召喚できる効果」は1体がフィールドを離れているのでそこに特殊召喚可能ですか?
A:はい、特殊召喚できます。(12/10/28)

Q:リクルーター戦闘破壊された場合の処理はどうなりますか?
A:手札戦士族特殊召喚する効果を適用の後、リクルーター効果発動させます。(10/04/29)

Q:手札レベル4以下戦士族がいない時、戦闘ダメージを0にする効果を使えますか?
A:使えません。(10/07/21)

Q:手札レベル4以下戦士族がいる際、戦闘ダメージを0にしたのち、戦士族特殊召喚しなくてもよいですか?
A:戦闘ダメージを0にする効果適用した場合、手札レベル4以下戦士族特殊召喚しなければなりません。(10/08/22)

Q:《キラー・トマト》戦闘破壊される際に、このカードの効果《E・HERO エアーマン》特殊召喚した場合、両方の効果発動できますか?
A:はい、《キラー・トマト》《E・HERO エアーマン》効果を任意の順にチェーンを組んで発動できます。(13/07/17)


Tag: 《死力のタッグ・チェンジ》 永続罠

広告