死霊操(しりょうあやつ)りしパペットマスター/Puppet Master》

効果モンスター
星6/闇属性/悪魔族/攻   0/守   0 
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した時、
2000LPを払い、自分の墓地の悪魔族モンスター2体を対象として発動できる。
その悪魔族モンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン攻撃できない。

 「遊戯王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説」攻略本下巻 付属カードで登場した闇属性悪魔族上級モンスター
 アドバンス召喚に成功した時、対象悪魔族モンスター2体を蘇生する誘発効果を持つ。

 悪魔族2体を完全蘇生でき、蘇生制限を満たせば《仮面魔獣デス・ガーディウス》等の特殊召喚モンスター蘇生できる。
 このカード自身は低ステータスなので《クリッター》《悪夢再び》でのサーチサルベージも可能。

 しかし、アドバンス召喚成功時という発動条件、大きなライフコスト、低いステータス等の欠点やリスクも少なくない。
 特に効果無効化されるとライフコストの払い損となり、自身は攻撃表示で棒立ちとなる。
 そのため蘇生対象と自身とで何かしらの素材にして、次の展開に繋げる運用を考えたい。

 自身も蘇生したモンスターも制限は掛からないため、容易にシンクロ素材エクシーズ素材等に利用できる。
 ランク6の《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《巡死神リーパー》墓地を肥やす効果でこのカード蘇生対象を用意しやすい。
 このカード自体がランク6のエクシーズ召喚に繋げやすい効果のため、相互に相性が良いと言える。
 他のエクシーズ素材としてはもう1枚のこのカードか、アドバンス召喚サポートを共有できる《邪帝ガイウス》が適任だろう。
 シンクロ素材としても、悪魔族にはリゾネーター魔轟神等のチューナーが一通り揃っている。
 蘇生対象にもよるが、《レッド・リゾネーター》蘇生すれば、コストで支払ったライフポイント回復できる。
 《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚し、効果特殊召喚したチューナーと残った悪魔族とでシンクロ召喚に繋げても良いだろう。

 変わったところでは【E−HERO】《E−HERO マリシャス・デビル》融合素材としても投入できる。
 《E−HERO マリシャス・エッジ》蘇生することで容易に《ダーク・フュージョン》からの融合召喚が可能となる。
 この時《E−HERO ヘル・ゲイナー》を一緒に蘇生させれば、《E−HERO マリシャス・デビル》戦闘補助も可能。
 リリース要員には《E−HERO ヘル・ブラット》特殊召喚することで、このカードアドバンス召喚するため準備も整う。

 それ以外では悪魔族3体が揃うことを利用して《幻魔皇ラビエル》特殊召喚に利用するのも良い。
 また、《悪夢再び》を共有できる《真魔獣 ガーゼット》ならば、蘇生させたモンスター攻撃力を活かせる。
 効果無効化された場合は、対応するウイルスカードでのリリースや、《影王デュークシェード》として入れ替えつつ、このカードを回収するという動きが取れる。

 以上のように採用する場合は、デメリットへの対処法と使いたいモンスターを考えつつ展開ルートと構築を決めておきたい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:この効果《D.D.クロウ》チェーン発動され、対象モンスター2体のうち1体を除外されました。
  除外されなかったもう1体のモンスター特殊召喚することはできますか?
A:できます。(10/09/08)


Tag: 《死霊操りしパペットマスター》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 悪魔族 攻0 守0

広告