紫炎(シエン)寄子(よりこ)/Shien's Squire》

チューナー(効果モンスター)
星1/地属性/戦士族/攻 300/守 700
自分フィールド上に存在する「六武衆」と名のついたモンスターが戦闘を行う場合、
そのダメージ計算時にこのカードを手札から墓地へ送って発動する。
そのモンスターはこのターン戦闘では破壊されない。

 STORM OF RAGNAROKで登場した地属性戦士族下級モンスターチューナー
 戦闘を行う六武衆に、戦闘破壊耐性を付与する誘発即時効果を持つ。

 手札誘発効果なので《ガード・ヘッジ》《BF−蒼天のジェット》のように相手の意表をついて六武衆を守る事が可能。
 上記の2体と違い、戦闘破壊耐性はそのターン中持続するため、後続の攻撃も凌げるのが利点。
 また、六武衆戦闘を行うことが発動条件なので、こちらから攻撃した際に《オネスト》などを発動されてコンバットトリックを狙われた際にも戦闘破壊を防げる。
 ただし、《ガード・ヘッジ》等と同様に、戦闘ダメージを0にする効果はないので、六武衆攻撃表示の場合はダメージも受けてしまう。

 また、チューナーでもあるため、【六武衆】ではレベル4の六武衆と合わせる事で《真六武衆−シエン》シンクロ召喚へ繋げられる。
 チューナーとしての利用に主眼を置くならば、《トゥルース・リインフォース》も合わせておくと効果的である。
 しかし、六武衆に属していないため、同じ六武衆関連のチューナーである《六武衆の影武者》《影六武衆−ゲンバ》と比べるとサポートカードが乏しいのも難点となる。
 このカードレベル1なので《紫炎の道場》武士道カウンターが1つでも置かれていればリクルート可能だが、六武衆にはレベルチューナーである《影六武衆−フウマ》が存在している。
 よって、手札誘発効果を持つことも活かせなければ、採用するメリットが乏しくなってしまうだろう。

  • イラストには《紫炎の足軽》に似た、槍を持った猿に似た兵士が描かれている。
    一見すると獣族獣戦士族のような姿だが、他のカードのことを考慮すればあくまでも「猿顔の人間」であり、本物の猿ではないということになるだろうか。
  • 「寄子」とは「寄親」の対になる言葉。
    中世日本において親子を模して結ばれた主従関係の内、寄親の配下にある者を指す。
    分かりやすく言えば「親分・子分」の「子分」となるだろうか。
    • 英単語「Squire」には「地方裁判官」などいくつかの意味があるが、この場合は「騎士の従者」「高官のお供」あたりだろう。

関連カード

―類似効果

―《紫炎の寄子》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(10/12/02)

Q:1回の戦闘で複数のこのカード発動できますか?
A:1度の戦闘につき、1枚だけ使えます。(10/11/27)

Q:このカードモンスター効果適用された六武衆《月の書》裏側守備表示にされた場合、その効果は消えますか?
A:裏側守備表示になっために効果が適用されず、戦闘破壊されるようになります。(11/12/08)


Tag: 《紫炎の寄子》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 戦士族 攻300 守700 紫炎

広告