紫炎(シエン)寄子(よりこ)/Shien's Squire》

チューナー(効果モンスター)
星1/地属性/戦士族/攻 300/守 700
自分フィールド上に存在する「六武衆」と名のついたモンスターが戦闘を行う場合、
そのダメージ計算時にこのカードを手札から墓地へ送って発動する。
そのモンスターはこのターン戦闘では破壊されない。

 STORM OF RAGNAROKで登場した地属性戦士族下級モンスターチューナー
 戦闘を行う六武衆に、戦闘破壊耐性を付与する誘発即時効果を持つ。

 六武衆戦闘を行うことが発動条件なので、守りに使う他、こちらから攻撃した際に《オネスト》発動された場合も戦闘破壊を防ぐ事が可能。
 このカード手札誘発効果なので《ガード・ヘッジ》《BF−蒼天のジェット》のように相手の意表をつく事ができる。
 相手から見た場合、このカードの存在により伏せカードが無くても確実に戦闘破壊出来るとは限らなくなったため、除去カードを消費する可能性も出てきた。

 ただし、《ガード・ヘッジ》等と同様に、戦闘ダメージを0にする効果はないので、六武衆攻撃表示の場合はダメージも受けてしまう。
 単純に六武衆を守るならば、《収縮》《次元幽閉》《和睦の使者》などを使った方が良い。

 同じ六武衆関連のチューナーとしては、殆どのサポートが受けられない分《六武衆の影武者》に比べ使いづらい。
 だが《紫炎の道場》適用下で、レベル4の六武衆召喚した後にデッキからこのカード特殊召喚し、即座に《真六武衆−シエン》シンクロ召喚できるという大きな強みがある。
 《六武の門》効果による蘇生も可能だが、その分武士道カウンターの消費も多い。
 サーチサルベージ蘇生コストが大きく変わるため、状況を見極めて使用するといいだろう。
 当然、無限に武士道カウンターを貯められるギミックを利用すれば、召喚権を使用せずに使用可能なチューナーとして、《六武衆の影武者》よりもこちらに大きく分ができる。
 また、《トゥルース・リインフォース》リクルートできるレベル1なのでレベル4のモンスターシンクロ召喚しやすい利点がある。

  • イラストには《紫炎の足軽》に似た、槍を持った猿に似た兵士が描かれている。
    一見すると獣族獣戦士族のような姿だが、他のカードのことを考慮すればあくまでも「猿顔の人間」であり、本物の猿ではないということになるだろうか。
    もしかしたら《紫炎の足軽》の幼少期なのかもしれない。
  • 「寄子」とは「寄親」の対になる言葉。
    中世日本において親子を模して結ばれた主従関係の内、寄親の配下にある者を指す。
    分かりやすく言えば「親分・子分」の「子分」となるだろうか。

関連カード

―類似効果

―《紫炎の寄子》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:誘発即時効果です。(10/12/02)

Q:1回の戦闘で複数のこのカード発動できますか?
A:1度の戦闘につき、1枚だけ使えます。(10/11/27)

Q:このカードモンスター効果適用された六武衆《月の書》裏側守備表示にされた場合、その効果は消えますか?
A:裏側守備表示になっために効果が適用されず、戦闘破壊されるようになります。(11/12/08)


Tag: 《紫炎の寄子》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 戦士族 攻300 守700 紫炎

広告