(とき)女神(めがみ)悪戯(いたずら)/Mischief of the Time Goddess》

速攻魔法
このカードはチェーン発動できず、このカードの発動に対して魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(1):自分フィールドのモンスターが「ワルキューレ」モンスターのみの場合、自分バトルフェイズ終了時に発動できる。
このカードを墓地へ送る。
次の自分ターンのバトルフェイズ開始時までターンをスキップする。
そのターンの終了時まで自分は「時の女神の悪戯」を発動できない。

 EXTRA PACK 2019で登場した速攻魔法
 自分バトルフェイズ終了時から次の自分バトルフェイズ開始時ターンスキップする効果チェーン2以降で発動できずこのカード発動チェーンされない効果外テキストを持つ。

 次のバトルフェイズ開始時までターンを経過させ、もう1度バトルフェイズ行うことができる。
 自分モンスター全てに2回攻撃を付与するに等しく、大きな戦闘ダメージが期待できる。
 また、ターンが切り替わるため、効果の回数制限や召喚権リセットされる。
 メインフェイズ1にセットした罠カードターンが経過するため、発動可能になる。
 特に、《ワルキューレ・ツヴァイト》は、2回の戦闘で2枚分のサルベージができるため相性が良い。
 ただし、《Walkuren Ritt》戦闘ダメージを0にする効果や、《ワルキューレ・アルテスト》攻撃力変化など、ターン終了時までの効果は切り替わりによって終了してしまう。

 応用の利くカードではあるが、その代わりワルキューレモンスター以外が存在すると発動自体ができない。
 《Walkuren Ritt》発動条件に必要なワルキューレモンスターフィールドに用意しつつ、このカードサーチできる。
 さらに、あちらが持つデメリットバウンスをこのカードスキップできるので、併用が望ましいだろう。
 《ワルキューレ・アルテスト》でのサルベージも可能。

 また、カードの発動チェーンされないので、発動はほぼ阻害されない。

  • ちなみに海外サイトの紹介文では、このカードを「Once thought to be too powerful to ever be printed in real life, this classic Spell Card from the original Yu-Gi-Oh!」(一度は現実に出るには強力すぎるとされた遊戯王DMの古典的魔法カード)と紹介している。
  • ジーク・ロイドは速攻魔法と発言しているが、DM劇中の作画上及びアニメGXのED1で確認できるこのカードにはアイコンが無かった。
    また、オージーンが使用する場面でもいずれもアイコンの部分が視聴者から見えない状態となっており、オージーンも「マジックカード」としか発言していない。
    結局通常魔法速攻魔法のどちらなのかはあやふやなのだが、どちらであったとしても上記の2つのデュエルの流れには影響はない。
    現実ではジーク・ロイドの発言通り速攻魔法としてカード化されている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《時の女神の悪戯》 魔法 速攻魔法

広告