時空(じくう)のペンデュラムグラフ/Time Pendulumgraph》

永続罠
「時空のペンデュラムグラフ」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
自分フィールドの魔法使い族モンスターを相手は罠カードの効果の対象にできない。
(2):自分のモンスターゾーン・Pゾーンの「魔術師」Pモンスターカード1枚と
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
この効果でカードを2枚破壊できなかった場合、
フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る事ができる。

 ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション−で登場した永続罠
 魔法使い族罠カード対象耐性を与える効果自分フィールド魔術師相手フィールドのカード破壊し、破壊できなかった場合にフィールドのカード墓地へ送る効果を持つ。

 (1)により魔法使い族罠カード対象に取られなくなる。
 仮想敵としては《強制脱出装置》《ブレイクスルー・スキル》あたりが挙げられるが、範囲の狭さは否めない。
 基本的にはこちらはオマケの様なものとして扱い、本命は(2)となる。

 (2)は自分魔術師1枚と相手カード1枚を破壊する効果
 《虹彩の魔術師》など、破壊された場合に効果発動する魔術師破壊すればアドバンテージを稼ぐことができる。
 さらに、2枚破壊できなかった場合に、カード1枚を選んで墓地へ送る効果も併せ持つ。
 これにより、破壊耐性を持つモンスターを選択しても墓地へ送ることで除去できる。
 《星刻の魔術師》《ペンデュラム・コール》などで自分魔術師破壊耐性を付与することで、相手カードのみを2枚除去することも可能。

  • イラストレーターによれば、このカードイラストはPCゲーム「Fate/stay night」等に登場する「王の財宝(ゲートオブバビロン)」を参照にしたとの事。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《時空のペンデュラムグラフ》 永続罠 ペンデュラムグラフ ペンデュラム

広告